TENTO画像

写真拡大

国内はおろか海外でも日本製のテレビゲームは絶大な人気を誇っています。
任天堂が発表したファミリーコンピュータ、通称”ファミコン”はテレビゲームの代名詞として当時の子供から大人まで夢中になりました。海外では”NES”の名で親しまれ、”スーパーマリオ”は世界のゲームカルチャーアイコンにまでなりました。

小説が好きな人が小説家を目指すように、漫画を好きな人が漫画家を目指すように、おもしろいゲームに夢中になって”自分も将来ゲームクリエイターになろう”という夢を持つ子供は少なくないでしょう。筆者もかつてはゲーム制作を仕事にしようと簡単なプログラミングを雑誌を手本に学びました。

今回紹介する”TENTO”は日本では初めてプログラミングを小学生から教えるために2011年に設立されたスクールで、寺子屋形式の個別指導を行い、子どもたちはそれぞれの目的のために様々な言語を学びます。

HTMLやJAVAといったプログラムの知識がない人でも名前は聞いたことがある有名なものからビスケット、スクラッチという小学生にもわかりやすいシンプルで覚えやすいプログラムまで教えています。

社会とコンピュータが密接な関係を持っていて誰もがコンピュータを生活で利用する現在、幼少期からプログラミングの勉強をすることは将来必ずなんらかの形で役立つことでしょう。
現在首都圏9カ所で開校しているTENTOは受講生が増加して今後は全国展開になりうる可能性があります。

◇ゲーム制作校・メイン講師 関谷政俊さんインタビュー

――ゲームプログラマーとして20年、『スタジオギウ』を設立してからは個人でユニークなゲームを発表してきた関谷さんですが、どういった経緯でTENTOの講師になったのでしょうか?

元々、ゲーム制作をしながら「個別対応できる少人数制のゲーム制作塾をやりたい」と思っていました。
そんな時、偶々TENTOの「プログラミングスクール」という看板を見つけまして、ネットで調べてみると寺子屋方式で教えてること等、自分の理想に近いと思い連絡を取りました。

――TENTOでおこなっている講習内容について詳しく教えていただけますか?

小学生の低学年にはスクラッチやビスケット等のビジュアル言語を。高学年〜中高生には、ProcessingやJavaScript、Python、C/C++等、テキストベースの言語を教えています。
全体授業をすることもありますが、基本は個別対応重視で、それぞれの生徒さんが「やりたいこと、学びたいこと」をサポートする感じでしょうか。
また、生徒同士が競えるような課題を提供したり、年一回、自身の成果を発表できるイベントもあります。

――生徒たちが年に一度成果を発表するんですね、ゲーム制作校の生徒も参加するんでしょうか?

本人の意思やどのくらい成長しているかにもよりますが、参加できたら良い刺激になるでしょうね。
因みに、私もまだイベントを見たことが無いので、他のスクールの子達がどういう作品を発表するのか楽しみです。

――生徒たちもやはり、ゲームが好きで自分でゲームを作りたいという願望から参加しているのでしょうか?

そうですね、ゲーム制作校の生徒はまだ数人ですけど、ゲームが好きで、ゲームも作りたいという人が集まってます。
私はこの「好き」という気持ちが才能の一つだと思っているのですが、ゲーム作りやプログラミングも「好き」になったら、どんどん伸びていくと思います。

――ゲーム制作校のメイン講師として受講生に伝えたいことや将来こうなってほしい、というヴィジョンはありますか?

上にも書きましたが、「好き」という気持ちや「楽しく学べる」ことが大切だと思っています。
ゲームを遊ぶことも、ゲームを作ることも、楽しくなければ続かないですし、それをする意味も無いですよね。
将来、プロになるのも良いですし、趣味で凄いゲームを作るのも面白いと思います。
その人にとってのゲーム制作が、何らかの形で生きる糧になったなら、私たちも嬉しいです。

――ゲーム制作校出身の名プログラマーが現れる日もおそくないですね!

◇関谷さんがメイン講師を務めるゲーム制作校とは?

2016年7月から『TENTO EX.ゲーム制作校』というゲームプログラミングをメインにした塾を開校します。
プロのゲーム制作者を目指す人向けの内容で、中学生以上が対象。大人の方でも大丈夫です。
と言っても、いきなり難しいことをするわけではなく、生徒さんの力量に応じて個別に進めていきます。
なので、プログラミング経験が無くても全く問題ありません。1歩1歩、理解していくことを重視してプログラミングを教えていきます。
学ぶ言語は、3DSやWiiU、PS4、XBoxOne、Windows等のゲーム開発でプロが使っているC/C++言語です。

TENTOやゲーム制作校に興味を持った人へ

TENTOに興味をお持ちの方はこちらへ↓

http://www.tento-net.com/

TENTO EX.ゲーム制作校の情報はこちら↓

http://www.tento-net.com/school/tento_ex-game

現在は川口駅の火曜の夜だけですが、今後は場所や時間も増やしていきたいと思っています。
体験は無料ですので(火曜以外でも可能です)、興味のある方はチェックしてみてください。

以上、小中学生からのプログラミングスクールTENTOと、中学生以上を対象とした『TENTO EX.ゲーム制作校』の紹介でした。
講師の関谷さんは長年のプログラミング経験のあるベテランです。
年齢を問わずわかりやすく教えてくれるでしょう。

お子様が将来プログラマーになりたいという夢をもっているご両親方、是非一度体験入学してみてはいかがでしょうか?

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: マツダ草介) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか