メイプル超合金・カズレーザー

写真拡大

28日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系)で、メイプル超合金カズレーザーが、東大美女の悩みに名言を連発する一幕があった。

番組では、「カズレーザークリニック」と題し、メイプル超合金が5人の超高学歴女子の悩みに答えた。VTRの中で、東京大学理科一類2年の野田早紀子さんは「プライドが高すぎる」という悩みを打ち明けていた。

野田さんは写真集「東大美女図鑑」にも掲載されている美女で、4カ国語を話せる才色兼備。しかし、物心ついたときから負けず嫌いで、勉強も誰よりもできないと気が済まず、日常生活でも負けず嫌いを発揮してすぐにムキになってしまうのだとか。

このままプライドが高いと、将来周りに合わせられないのではないかという不安を訴える野田さんに、カズレーザーは「(自分は)プライドはない」「人類の後輩でいたいというくらい下からいくから」と切り出した。

野田さんが「プライドがないと生きていけなくないですか?」と質問すると、カズレーザーは「研究したり、学問を修める人はプライドがあったほうがいい」「好奇心が一番学問を育てる。次に劣等感」とアドバイス。

そして、カズレーザーは「(野田さんは)そんな言うほどプライド高くない」「本当にプライドが高かったら、こんなカメラの前で芸人に悩みを相談しない」と指摘し、笑いを誘った。

最終的にカズレーザーは、優秀な野田さんは恐らく将来エリートと言われる仕事に就き、周りもプライドが高いため、「野田さんのプライドの高さがそんなに目立たない」とアドバイスを送った。これに、野田さんは、安堵の表情を浮かべ納得。この様子を見ていた山崎弘也も「(カズレーザーの)見ためはひでぇけど、いいクリニックだよ」と語り、カズレーザーのアドバイスを称賛していた。

【関連記事】
林修氏が東大生の弱点を指摘「『群像の感覚』を身に付けないと生きていけない」
ヒロミがモテない東大生の男性に一喝「お前のプライドなんかいらねえよ!」
カズレーザーが尋常でない集中力の高さを告白「気づいたらスズメが止まってた」