今も愛されるアニメ「アルプスの少女ハイジ」を総集編で放送!/(C)ZUIYO

写真拡大

'74年に放送され、長い間愛され続けているアニメ「アルプスの少女ハイジ」が、BS日テレで7月23日(土)、24日(日)の2夜連続で放送されることが決定した。演出を高畑勲、画面設定を宮崎駿が手掛けた全52話を前編・後編に再編集した特別版で送る。

【写真を見る】口笛はなぜ〜♪/(C)ZUIYO

【「アルムの山」あらすじ(7月23日放送)】

両親を失った5歳のハイジ(声:杉山佳寿子)は、アルムおんじ(声:宮内幸平)とアルプスの山小屋で暮らしていた。いつも朗らかで心優しいハイジは、雄大な自然、温かいおじいさんの胸、そして友達のペーター(声:小原乃梨子)やヤギたちに囲まれて楽しく過ごす。

【「ハイジとクララ」あらすじ(7月24日放送)】

足が不自由で外に出たがらなかったクララ(声:吉田理保子)は、ハイジから素晴らしいアルプスの山々の話を聞くうち、アルプスへの憧れを募らせる。

ハイジとペーターは、そんなクララを背負ってアルプスの山に登ることに。子供たちをいつも優しく包み込んでくれるアルムおんじは、3人の友情と山の自然がきっとクララを歩けるようにすると確信する。