これ全部スイカでできてるって信じられる? 人気海外ドラマのキャラクターをスイカ彫刻で表現したアーティスト

写真拡大

大人気海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出てくるキャラクター、ナイトキング(Night King)を、超精巧なスイカ彫刻で再現したのは、イタリア人アーティストのValeriano Faticaさん。

『ゲーム・オブ・スローンズ』第4シーズンから6シーズンに登場するナイトキングは、でこぼこした少々気味の悪い顔立ちが、大きな特徴。その「スイカ彫刻」制作過程の全貌を、FaticaさんがYouTubeで公開しています。

【リアルすぎてドキドキ】

スイカを削り、赤い部分と白い部分、そして緑色の部分を生かして作られたナイトキングは非常にリアルで、一瞬本物の人間の首のように見えてギョッとしちゃう! なおこちら、完成までに18時間かかったのだそうですよ。

【子供のころは漫画家になりたかった】

果物や野菜、チーズ、岩や粘土などを材料に見事な彫刻を作り上げるFaticaさんは、1988年生まれ。

子供のころは絵を描くのが好きで漫画家になりたかったと語る彼ですが、高校生になるころには彫刻に対する興味のほうが大きくなった、とのこと。卒業後は実家のレストランで働きながら、食べ物を用いた彫刻作品を制作するようになったんですって。

【グロテスクだけど魅力的!】

Faticaさんのインスタグラムには、人の顔やアニメのキャラクター、動物などをモチーフにした作品が、数多く公開されています。

彫刻はどれもグロテスクな雰囲気。しかしこの点こそがFaticaさんによる作品における大きな魅力となっておりますので、もっと知りたい見てみたいというあなたは、さっそく彼のサイトをチェックしてみてね!

参照元:Valeriano Fatica、YouTube、Instagram @valeriano_fatica
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る