【緊急トークイヴェント開催】われらがベスタクスが帰ってくる! 創業者・椎野秀聰が語る新生「STP Vestax」と未来のものづくり

写真拡大

DJをかじったことがあるなら知らぬ者はいない会社、Vestax。だが、世界的な楽器メーカーESPを創業したことでも知られる椎野が、この会社をつくったことはあまり知られていない。この度『WIRED』日本版は椎野を迎えたトークセッションを開催。世界的なブランドであるVestaxの歴史とこれからに迫り、「ものづくり」の本質を考える。

「【緊急トークイヴェント開催】われらがベスタクスが帰ってくる! 創業者・椎野秀聰が語る新生「STP Vestax」と未来のものづくり」の写真・リンク付きの記事はこちら

「DJ」という言葉を聞いて、多くの人が思い浮かべるのはレコードをこすり音を出すスクラッチといわれる技法かもしれない。とあるDJにより偶然生み出したとされるこの技法は、GrandMixer DXTが1984年のグラミー賞受賞コンサートで演奏しテレビ中継されたことにより、新しい音楽演奏の手法として世界に認知されるに至った。

その3年前の81年に、日本からヨーロッパに輸出すべくDJミキサーの製造を始めた男がいる。楽器メーカーのESP、DJ機器メーカーのVestaxの創業者として知られる椎野秀聰である。それまでギターの設計で名をはせてきた彼は、DJというカルチャーのおもしろさ、そして将来性をいち早く見抜いていた。

その後Vestaxというブランドネームのもと椎野がつくりだしたDJ機器は、現場のDJによる圧倒的な支持を得て世界に広がっていくことになる(本誌Vol.23をご参照!)。ヒップホップDJに愛された世界初の7インチ幅DJミキサー「PMC-05」など、「Give DJs what they want」というユーザーファーストの思想から生み出された数々の製品がなければ、DJというカルチャーがいまほど市民権を得ることはなかっただろう。

>>チケットはこちらから(Peatixページ)

彼らはどうやってブランドを世界に広めたのか? そして、Vestaxは倒産したあとどうなったのか? さまざまな疑問に答えていただくべく、『WIRED』日本版ではVestax創業者の椎野をゲストに迎えたトークイヴェントを7月13日(水)、開催する。

当日は、椎野の右腕としてESP、Vestaxのブランディングを手がけたブランディングファーム・グラムコ創設者で代表の山田敦郎も登壇。ちなみに同社は「日系初の専業ブランディングファーム」として、ブックファーストやプロント、ローソンプラス、JCBなどを手がけている。

2人が生み出してきたESP、Vestaxなどのブランド、ものづくりについて語ってもらうほか、椎野が現在取り組んでいる「STPVestax」プロジェクトについても話を伺っていく予定で、現在プロトタイプが公開されているスーパーハイエンドミキサー「Hou-Ou」の最新情報も語られる。

有名日本メーカーの数々が業績を落とすなか、イノヴェイションを生み出し、現在も最新のプロダクトをつくりつづけている先達の教えは貴重なものとなる。Vestaxにお世話になった音楽好きはもちろん、あらゆる領域で新しい価値を生み出す必要があるビジネスマンにも、是非お超し頂きたい。WIRED.jpで公開中の「ベスタクスブランドブック」の予習も、どうぞお忘れなく。

Vestaxを生み出した男たち、もしくは世界に愛される「会社」のつくりかた

>>申し込みはこちらから(Peatixページ)

日時
7月13日(水)
19:30〜21:00

場所
Red Bull Space Tokyo(渋谷区渋谷1-3-3 SIA 青山ビル 5階)

定員
先着100名

参加費
3,000円(税込)

タイムテーブル
19:30〜20:30 椎野秀聰×山田敦郎(モデレーター・若林恵<弊誌編集長>)
20:30〜21:00 質疑応答

登壇者
HIDESATO SHIINO|椎野秀聰
1947年生まれの起業家。ヤマハ、グレコを経て75年に「ESP」を創業、ギター、アンプなどの楽器設計製造を行う。77年に椎野楽器設計事務所を設立。その後87年に「VESTAX」を設立。ヴォイスチェンジャー、エフェクター、マルチレコーダー、デジタル機器、DJ機器などを開発・生産・販売し、世界市場で絶大なる信頼を得る。2002年には、曽祖父の椎野正兵衛の創業した絹織物事業を受け継ぎ、株式会社椎野正兵衛商店として再興。14年に破綻したVESTAXの再興を目指し、「STP VESTAX」として16年5月に新製品を投下する予定。

ATSURO YAMADA|山田敦郎
慶應義塾大学を卒業後、総合商社の丸紅に入社。同社退社後、1987年にCIとブランディングを手がけるグラムコを設立。現在まで同社代表取締役社長、グラムコ上海法人董事長(会長)。現在日本CI会議体幹事(元代表幹事)。日本グラフィックデザイナー協会会員。手がけたCI・ブランディングは百を超え、実務の第一人者として、グラムコをアジアを代表するブランドコンサルティングファームに育成する。著述のほかセミナー講師も多数務めている。

RELATED