相対性理論を可視化した「銀河の地図」が教えてくれる、本当の宇宙の姿

写真拡大

欧米の研究チームが、アインシュタインの一般相対性理論を初めて完全なかたちで用いた「宇宙モデル」を発表した。宇宙における時空の曲率と、宇宙に存在する物質の関係を可視化したものだ。

「相対性理論を可視化した「銀河の地図」が教えてくれる、本当の宇宙の姿」の写真・リンク付きの記事はこちら

欧米の研究チームが、アインシュタインの一般相対性理論を初めて完全なかたちで用いてつくった「宇宙モデル」を発表した。このモデルは、宇宙における時空の曲率と、宇宙に存在する物質の関係をマップ化したものだ。

研究チームは、将来的に「可能な限り最も正確な宇宙モデル」の作成につながり、重力とその効果に対する新たな見識をもたらすことが期待できるというコンピューターコードを開発。新しいコードを使った宇宙のモデル化は、完全な相対性理論を用いて「(宇宙の)一部の領域における物質の凝集、およびほかの領域における物質の欠如がもつ効果を説明する初めての試み」になるという。

「本当に胸がワクワクするような進展です。今回の成果は将来、宇宙物理学者たちが最も正確な宇宙モデルをつくるうえで役に立つでしょう」と、英国ポーツマス大学宇宙論・重力研究所(ICG)のマルコ・ブルーニ博士はリリースで語っている。

「今後10年に行われる次世代の銀河調査によって、新しいデータが大量にもたらされることになるとわれわれは予想しています。超高性能の望遠鏡や人工衛星を使って、宇宙に関する高精度な測定結果を得ることができるのです」

論文は『PHYSICAL REVIEW LETTERS』に掲載されている。

英国ポーツマス大学宇宙論・重力研究所(ICG)、マルコ・ブルーニ博士。