26日に開幕した2016年天津夏季ダボス会議に、刺繍入りの白い漢服を着用した中国製美人ロボット「佳佳」が登場した。

写真拡大

26日に開幕した2016年天津夏季ダボス会議に、刺繍入りの白い漢服(中国伝統衣装)を着用した中国製美人ロボット「佳佳」が登場した。両手の筋まではっきり見え、実にリアルだ。その古式ゆかしい雰囲気は、多くの視線を集めた。環球網が伝えた。

このロボットは、中国科学技術大学マルチスマートシステム実験室が3年間をかけて開発したもので、中国初の相互コミュニケーション型ロボットだ。現場では、ある女性に話しかけられた「佳佳」は、「美人ですね」「おしとやかでおおらかですね」と相手を惜しみなく称賛した。(提供/人民網日本語版・編集YF)