結婚式当日が雨でも大丈夫!素敵エピソード&演出アイディアご紹介します

写真拡大

結婚式が近づいてくると気になるのが当日のお天気。数日前から天気予報を何度もチェックするカップルは多いですよね。もし当日が雨の日マークでもがっかりしないでください!工夫次第でステキな結婚式を演出できます。

ここでは雨にまつわるウェディングの豆知識や、とっておきの演出アイディアをご紹介します!

◆雨の日は縁起がいい?世界中の素敵な言い伝え

日本では昔から「雨降って地固まる」ということわざがあります。雨の後は地面がしっかりして良い状態になることから、一見大変なことがあってもかえって良い結果や安定した状態になることのたとえです。結婚式の日が雨なら、これから始まる二人の結婚生活の基盤がしっかり固まることを示しているのかも。

また、フランスでは「雨の日の結婚式は幸運をもたらす」ということわざがあります。これは雨を神様の涙にたとえていて、神様がふたりの代わりに一生分の涙を流してくれていると言われています。

他にも、中国では「雨が降るのは神様の恵みを授けた証」と言われていたり、イタリアでは「雨は豊穣の象徴」とされていて、雨の日の花嫁さんは一生幸せになれる……などなど。

どれも、これからの二人の結婚生活に相応しい幸せな言い伝えではないでしょうか。もし当日が雨だった場合は、ぜひ結婚式の中で司会者から紹介してもらいましょう!

two lovely glass on rainy day window background

◆女性をより美しく演出!写真は晴れの日よりも雨の日

晴天の下で写真撮影も素敵ですが、実は雨の日のほうが女性をより魅力的に演出してくれます。実際、太陽の光は影をつくることも多く、せっかくゲストが撮影してくれた写真も逆光の写真ばかり……ということも。

雨の日だと余分な光がなく、艶のある美しい写真が撮影できるんです。あえて窓際で撮影して、より雰囲気のある思い出の一枚を残してみましょう。

◆必要なのはほんの少しの工夫だけ!思い出に残る雨の日の演出

ボードの代わりにメッセージアンブレラ

受付でゲストにメッセージを書いてもらう為のボード等を用意しているなら、当日のお天気次第では傘に変更することも検討しては?

シンプルな傘を準備し、カラフルなペンで楽しくメッセージを書いてもらいましょう。ゲストに色とりどりに装飾してもらえば、世界にたったひとつの傘の出来上がりです。収納も場所を取らないので新居での保管もとっても楽ちん。

お気に入りの可愛い傘で相合傘入場

もし当日が雨なら、お気に入りの可愛い傘で入場しましょう!アイテムをひとつ取り入れるだけでゲストへのインパクトも変わり、とても楽しんでもらえます。カメラを向けられた時は仲良く相合傘で撮影してくださいね。通常の写真よりもふたりの距離感が近くなり、とっても仲良しな写真が撮影できますよ。

事前にテーブルコーディネートやドレスの印象に合わせてひとつ準備しておくのがおすすめ。また、受付で書いてもらったメッセージアンブレラで入場してもいいですね。

Colorful umbrellas in the sky, street decoration. Colorful background

てるてる坊主のお絵描きゲーム

テーブル対抗てるてる坊主のお絵かきゲーム。歓談中にテーブルの代表者には色紙にてるてる坊主を描いてもらいます。怒った顔・笑顔・悲しい顔……どんなものでもいいので、出来るだけクリエイティブに描いてもらいましょう。そして、新郎にもてるてる坊主の絵を描いてもらい、結果発表は新婦から。

実はこのゲーム、一番上手に描けた絵ではなく、「新郎の描いたものに最も似ている絵を描いたグループ」を表彰してもらいます!表彰されたグループ全員には、ふたりから幸せのおすそ分けのプチギフトをプレゼント。

また、テーブルごとに写真を撮るときには、描いた絵を持って写真撮影すると自然とみんなが笑顔に!誰にでもかける簡単な絵ですが、個人の個性が出るので楽しんでもらえる演出です。

ドレスの色当てクイズではなく、傘の色当てクイズ

おなじみのドレスの色当てクイズを雨の日仕様にアレンジ!当日の二人の傘の色をみんなに予想してもらいましょう。必要なのは紙とペンだけなので、準備も簡単です。

逆に新郎新婦がゲストの傘の色やデザインを指定するゲームもできます。傘の色やデザインをひとつ指定し、その通りの傘を持っていたゲストには小さいギフトを。「茶色の無地」「白地に花柄」など、雨の日だからこそできる即席ゲームです。

ゲストにはぜひ会場内に傘を持ってきてもらいましょう。まさか傘がサプライズプレゼントに繋がるとは思わないので、印象に残り楽しんでもらえます!

プレゼントはもちろん、雨にちなんだキャンディ(飴)や可愛いデザインのハンドタオルで作ったてるてる坊主など、雨を連想させるようなグッズを準備しておきましょう。

晴れの日にはできない演出や、雨の日だけの情報はこんなにもたくさん。雨の日ウェディング限定なので、ゲストにとっても珍しく思い出に残る結婚式を演出できます。当日、雨の可能性があるなら少し準備しておくと楽しめますよ。