夏場のYシャツで論争勃発「半袖VS長袖の袖まくり」

写真拡大

夏場行われる衣服の軽装キャンペーン「クール・ビズ」が叫ばれるようになり早10年以上が経過しています。

しかしサラリーマンにとってのスーツは制服であり正装。取引先と接する場合には相手に失礼がないよう身だしなみを整えなければいけません。かといって、キッチリ着こなすには近年の猛暑、特に外出時に耐えるのはただの苦痛……。そんな中、ネットの掲示板で「半袖YシャツVS長袖の袖まくり」なる論争が勃発していました。

【関連:謎の夏の定番 扇風機に向かって「アアアアアアア」は猫でもやるらしい】

夏の都心

議論では「無理して長袖とかダサすぎ」という意見が先制パンチ。続き長袖支持者が来るかと思いきや、思わぬ伏兵「七分丈支持者」が登場しますがさらりと流され、半袖支持者と長袖支持者が熱い意見を激突させていました。

長袖派の人にとっては「長袖にもなりまくれば半袖にもなる長袖最強」「半袖シャツはダサい」「袖まくりはおしゃれ」という見た目中心で主張する声が多数。 半袖派からは「袖をまくっても長袖は暑い」「ダサいとか言ってられないくらい暑い」「いい年こいて袖まくりとか逆にダサい」と利便性を重視する意見含め反論。

ちなみにこの長袖Yシャツと半袖Yシャツの着こなしについて、いくつかのビジネスマナーサイトを覗いてみたところ、「取引先の前では長袖Yシャツが夏場でも礼儀」とどれも紹介していました。そもそも半袖Yシャツはクール・ビズを意識しているものですから、ノージャケット、ノーネクタイが基本とのこと。さらに取引先など重要な場面では長袖Yシャツにネクタイ、ジャケットが正式とも紹介していました。

どうやら半袖Yシャツは社内や親しい相手向け、長袖Yシャツは初対面の相手や正式な場面向けという風にビジネスマナーでは考えられているようです。
筆者はスーツを着ないサラリーマンですので、スーツ着用の営業さんなんかを見ると「夏場なのに大変だなぁ」といつもぼんやり眺めています。人によっては会社に戻ってくる度に、Yシャツを着替えるなんて場面も見かけたことがあります。
ビジネスシーンでのマナーは大切ですが、これだけ続く毎年の猛暑。スーツを着用する人にとってはもう少し寛容な場面が広まっても良い様な気がしています。

(文:HideI)