27日、大ヒット作の第2弾「コールド・ウォー2」が7月8日から中国で公開される。チョウ・ユンファが24年ぶりに出演した刑事映画としても注目されている。写真はチョウ・ユンファ。

写真拡大

2016年6月27日、大ヒット作の第2弾「コールド・ウォー2」が7月8日から中国で公開される。チョウ・ユンファ(周潤發)が24年ぶりに出演した刑事映画としても注目されている。新華網が伝えた。

【その他の写真】

前作は12年に大ヒットしたポリスアクション「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」。ある事件を追う警察の内部で、さらに行動班と保安管理班の対立を描くスリリングな展開が人気を集めた。中国で7月8日から公開される第2弾は、前作に続いてレオン・カーフェイ(梁家輝)、アーロン・クォック(郭富城)が主演。さらにチョウ・ユンファ、台湾の俳優トニー・ヤン(楊佑寧)、中国の女性歌手ビビ・チョウ(周筆暢)らが新たに加わっている。

かつてはクライム映画で人気だったチョウ・ユンファだが、刑事映画に出演するのはジョン・ウー(呉宇森)監督「ハードボイルド 新・男たちの挽歌」(92年)以来、24年ぶりとなる。「コールド・ウォー2」で演じるのは警官ではなく、正義感あふれる敏腕弁護士役。同じくウー監督の「男たちの挽歌(ばんか)」で見せたような派手なガンアクションはないようだが、映画に厚みを持たせている。(翻訳・編集/Mathilda)