台湾西南部の台南市に、日本統治時代に多くの客をもてなした高級料亭「鶯料理」の建物が残されている。

写真拡大

台湾西南部の台南市に、日本統治時代に多くの客をもてなした高級料亭「鶯料理」の建物が残されている。

【その他の写真】

「鶯料理」の誕生は約100年前の1923年。同年4月には当時皇太子だった昭和天皇が食事を召し上がっており、政財界の有力者も頻繁に足を運んだという。日本式の美しい庭園を持つ同料亭はもともと200坪の広さがあったが、現在残っているのは3分の1ほどだ。古びた木造建築を前にすると、一瞬タイムスリップしたような感覚すら覚える。この大きなガラス窓は、当時どのような光景を映していたのだろう。

この作品を撮影したのは蕭文彬氏。台湾台南市で1956年に生まれ、幼少時代は貧しい家庭に育つ。父の「家族写真を撮るためカメラを借りたい」との申し出を親戚が断ったことが、プロのカメラマンを目指すきっかけとなった。初めて手に入れたカメラは中古のペンタックス。これにより、本格的な撮影技術の学習をスタートさせた。現在は、台湾南部を代表するカメラマンとして中華南群撮影学会理事長や台南市撮影学会の副理事長を務める。2015年12月には台南市の新光三越で個展を開催した。(編集/野谷)