写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クラウディアンは6月28日、レノボサーバにSDS(Software-Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)を工場出荷段階から搭載し、エンド・ツー・エンドでグローバル規模の製品をサポートする「Lenovo StorSelect」プログラムにSDSのオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」を採用した「Lenovo Storage DX8200C powered by Cloudian」を提供すると発表した。出荷開始は2016年第3四半期を予定している。

Lenovo Storage DX8200C powered by Cloudianの特徴として、Amazon S3に準拠したAPIやマルチテナント対応、最小2台(推奨3台)からスタートし、数PB超級まで柔軟にストレージ容量の拡張が可能な点が挙げられる。

また、複製方式またはイレージャーコーディング方式のいずれかによりデータを保護できるとともに、マルチデータセンター機能により複数データセンターにデータを分散配置することができるほか、クラウドサービスへのデータ自動階層化やグループ、ユーザ単位での統計、課金、管理とシステム監視機能などを備える。

企業がITインフラとして採用すれば、自社の社員や開発者自身がセルフサービスポータルでリソースを調達、設定、管理、監視できるパブリッククラウドと同等の迅速性や利便性のある、オンプレミスやプライベートクラウドのストレージシステムを構築運用できるという。

企業で一般的に利用されているファイル共有、バックアップ、アーカイブ、ビッグデータ分析などのアプリケーションは、クラウドストレージの標準であるAmazon S3 APIに対応しているため、それらのアプリケーションを改修せずに利用できるだけではなく、データの利用目的や種類により、オンプレミス/プライベートクラウドとパブリッククラウドを使い分けるハイブリッドクラウドを1つのアプリケーションで実現できる。

(岩井 健太)