苦しくて、食欲がなくなる。でもしあわせを感じる病があるらしい

写真拡大

いい恋って、なんだろう。

そう聞かれたとき、なんと答えますか?

お互いが成長し合える恋。自分の素をさらけ出せる恋。天にも昇る気持ちの恋。

きっとそれぞれが思う「いい恋」があるはずです。

直木賞作家・西加奈子さんの考える「いい恋」を、こちらのショートムービーから見ることができます。

このショートストーリー『あなたのからだ』は、西さんの書き下ろし作品なのだそう。

美しい映像とともに紡ぎだされる、繊細で柔和な言葉たち。包み込まれるようなやさしさに、思わず胸がグッと熱くなります。

西さんにとっての「いい恋愛」について伺ってみると

「『死んじゃうかも』と思うほど人を好きになるのは自分の身体を100%、誰かに明け渡すこと。それはすごくやさしい行為だし、奇跡に近いこと。だから、手痛い失恋だって"その人が選んだ恋"というだけで、尊いものだと思います。いまの私にも『どんな恋愛も糧になった』という意識だけはあって。そう、どんな恋愛も糧になる。絶対に。絶対に、です」

とのこと。

忘れてしまいたい過去の恋愛でさえも、いまの自分を形作っている尊いもの。そんな西さんの力強いメッセージに、恋へ立ち向かう勇気をもらえます。

これまでの恋、これからの恋。自分を作っていくすべての「恋」が愛おしく思えてきました。

[軽井沢高原教会]

あわせて読みたい

・見た目やスペックじゃない恋できるよ。ちょっとしたきっかけで

・恋に駆け引きは必要? 彼の気持ちはSNSではわからない

・SNS時代の恋愛に鋭いアドバイス。NYも東京も悩みは同じ

写真/田所瑞穂 文/グリッティ編集部