愛媛FC、夏休みに向けて「サマバケユニフォーム」を発表!意外な“史上初”も

写真拡大

愛媛FCは昨季5位でJ1昇格プレーオフに進出。セレッソ大阪に準決勝で敗れたものの、木山隆之体制1年目でいきなり大きく進歩を見せた。

今季も19試合を終えて17失点と守備は機能。しかし、リーグワーストの13得点と攻撃面で問題を抱えているようだ。2年連続二桁得点の河原和寿もここまで2ゴールにとどまっている。

Ehime FC 2016 Mizuno 'Summer Vacation'

愛媛FCユニフォーム

7月に入ればいよいよ近づいてくる夏休み。ということで、愛媛FCはサマーバケーション(夏休み)期間に行われるホームゲーム3試合に向け、選手が着用する「サマバケユニフォーム」を製作した。

愛媛FCユニフォーム

デザインは静かで落ち着きを感じさせる瀬戸内海をイメージした紺を基調に、愛媛の名産である蜜柑をモチーフにボーダーで表現。グラデーション処理でボーダーを目立たせることにより、チームの強さや危険性を誇示している。

愛媛FCユニフォーム

GKユニフォームはチームカラーであるオレンジに。

愛媛FCユニフォーム

さらに、いずれのユニフォームもなんと愛媛FC史上初!「選手ネーム」が背番号の下に入る。そういえば今まで一度も入っていなかった!

この「サマバケユニフォーム」は6月25日から予約受付がスタート。「選手ネーム」入りが悲願だったぞというサポーターにとっては見逃せないユニフォームだ。