足がほてって眠れないのは◯◯が原因!寝苦しい夏の夜を乗り切る方法

写真拡大

 

冬場は「足が冷えて眠れない」といった悩みを持つ人が多いかもしれませんが、逆に夏には「足がほてって眠れない」と悩む方も多いのでは? 真逆の現象なので、「異なる原因があるに違いない」と思いがちですが、実は夏場のほてりにも「冷え」が関係していることをご存知でしょうか? 今回は、寝苦しい夏を乗り切るために、足のほてりの詳しい原因と解決策をご紹介します!

なぜ、ほてりの原因が「冷え」なのか

 

そもそも人間の体温変化にはリズムがあり、眠るときは体温が下降し、目覚めるころに上昇します。その調節のために、眠りに入る際は体内の熱が末端に移動し、手足の温度が身体の他の部位に比べて相対的に上がります。そこから外界に熱を逃がすことによって体温を下げているのです。

 

赤ちゃんや子どもが寝つく前に手足が温かくなるのも、これが原因。体温が上がっていると勘違いしがちですが、身体全体でみると体温は下がっています。このように眠るときに手足が温かく感じられること自体は、いたって正常な現象ですが、「眠れないほど手足がほてる」という場合には、別の原因が考えられます。

 

それは、「自律神経の乱れ」。昼間、クーラーなどの冷たい空気を浴び続けていると、身体を冷やしすぎたことによって、外気の暑さとの急激な気温の変化に身体がついていけなくなり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。すると、活動モードの交感神経から休息モードの副交感神経へ切り替えがうまく行われず、交感神経が優位のままの状態に。交感神経には血管を収縮させる作用があるため、血液の流れが悪化してしまいます。その結果、手足に血液が停滞して熱が集中し、ほてった状態になってしまうのです。逆に血液が行き届かない部分は、冷えを感じてしまいます。つまり、「ほてり」も「冷え」も、「血行不良」が原因になっているわけですね。

 

ですから、手足のほてりによる夏の寝苦しさを解消するには、自律神経のバランスを整えることが重要です。

ほてりを改善し、寝苦しい夏を乗り切るには?

 

しかし、仕事の都合などで、自分でクーラーの温度調整が難しい場所に長時間滞在せざるを得ない人もいるはず。そこで、クーラーによる自律神経の乱れや足のほてりを防ぎ、寝苦しい夏を乗り切るための具体的な3つの方法をお伝えします。

 

1.体温調節機能を整える
先述のように、クーラーの当たりすぎは自律神経の乱れを招きます。そんな時は、身体を冷やそうとするのではなく、逆に身体を温めてみましょう。軽い運動をしてみたり、少し熱めのお風呂に入ってみるなど、寝る前に体温を上げる工夫が重要です。体温を上げて冷えすぎた身体をリセットすることで、乱れた自律神経も整えることができます。

 

2.冷やし枕や保冷剤の利用
氷枕や水枕ともいわれる冷やし枕は、寝苦しい夏に有効なアイテムです。頭の温度を下がりやすくし、スムーズな寝つきに導いてくれます。冷やし枕の温度は「気持ちいい」と感じる程度がベストで、寒く感じるほど冷たいものは逆効果。冷たすぎるようなら、タオルなどを巻いて温度を調節しましょう。

 

手足のほてりでどうしても眠れないようであれば、手足に保冷剤を当ててみたり、足先だけ布団から出してしまうのも一つの方法。ただしその際、お腹は温かく保つようにしましょう。また、目の周りを暖めると副交感神経のスイッチが入り、寝つきやすくなります。

 

3.寝室の環境改善でエアコンの過度な使用を避ける
寝苦しさを防ぐためには、自分の身体だけでなく、睡眠時の環境を整えることも大切です。夏場には、日中の日差しで家の中に熱がこもりやすくなります。遮光カーテンを使用したり、部屋に植物を置いたり、家の周りに水を撒いたりすると、自然に気温を下げることができ、エアコンの頼り過ぎを防ぐことができます。エアコンの過度な使用を抑えることが、冷え過ぎを防ぐことにもつながります。

 

また、遮光カーテンは、日中の日差しを防ぐだけでなく、朝日を遮ってくれることにも大きな意味が。夏は日の出が早いので、強い日差しに朝早く目覚めてしまうことがあります。そこで遮光カーテンを使って太陽の光を遮れば、邪魔をされずに朝の睡眠時間を確保することができます。

 

夏は、身体を冷やしてしまいがちな季節です。寝る前に運動やお風呂などで体温を上げ、就寝時には寝苦しさを軽減しながら過度なクーラーを控えることが、寝苦しい夏を乗り越えるための近道かもしれません。

 

(出典:「ぐっすり眠れる3つの習慣」 著:田中秀樹 出版:KKベストセラーズ)

 

●夏に寝つきが悪くなる人は要注意!? 「冷え」が及ぼす睡眠への悪影響とは 
●これで快眠!睡眠環境の整え方6選

photo:Thinkstock / Getty Images