『ミュージアム』ティザーポスター (C) 巴亮介/講談社 (C) 2016映画「ミュージアム」製作委員会

写真拡大

『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督がメガホンをとり、小栗旬が主人公を演じた衝撃のサイコスリラー『ミュージアム』。この映画の40秒の特報が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『ミュージアム』特報

雨の日だけ発生する猟奇殺人事件が発生。現場にはそれぞれ“ドッグフードの刑”“母の痛みを知りましょうの刑”といった謎のメモが残されるなど、一連の事件はまるで見つけられることを前提にしたかのような演出がなされていた。これは単なる殺人事件ではないと気付いた警視庁捜査一課の沢村久志刑事(小栗旬)は、連続殺人事件の関連性に気づく。すると次のターゲットに沢村の妻と子どもがリストアップされてしまう。

解禁となった特報映像は、見せることにこだわり、犯行を繰り返す史上最悪の殺人アーティスト・カエル男を中心にしたもの。カエル男が捕まえた青年に判決を下すまでの緊迫した様子や、ターゲットに相応しい方法で執行しようとする「刑」の様子が一部明らかに! さらに映像の最後には、カエル男に追い詰められ、絶叫する沢村刑事(小栗旬)の姿も映し出されている。

『ミュージアム』は11月12日より全国公開となる。

【関連記事】
小栗旬扮する主人公と殺人鬼のカエル男が対峙!『ミュージアム』映像解禁
小栗旬が『るろ剣』監督と初タッグ!「ミュージアム」を映画化
[動画]史上最凶の猟奇殺人鬼を追え!『ミュージアム』スマホジャックムービー
[動画]小栗旬主演/映画『ミュージアム』超特報(WEB版)