「アウト・オブ・シャドウランド」の楽曲制作に参加した、アンジェラ・アキ/(C)Disney

写真拡大

東京ディズニーシーでは7月9日(土)から、新ミュージカルショー「アウト・オブ・シャドウランド」がスタートする。

【写真を見る】スペシャルムービーも公開中!「アウト・オブ・シャドウランド」は7月9日(土)スタート/(C)Disney

同ショーの楽曲制作に、シンガー・ソングライターのアンジェラ・アキが参加していることが明らかになった。2014年の夏から日本での音楽活動を休止し、ロサンゼルスの音楽大学に留学していたアンジェラが、主人公の少女が歌う曲など3曲の作詞を、ディズニーのスタッフと共に手掛けている。

「アウト・オブ・シャドウランド」をきっかけに、ミュージカル音楽作家としての活動を本格的に開始したアンジェラ。「このプロジェクトに関われたことは奇跡であり、今後自身のミュージカル作品を手掛ける上で一生の財産になりました。総合芸術といえる未体験のショーを、ピュアな気持ちで細胞の隅々まで感じてほしい」とコメントしている。

なお、YouTubeの東京ディズニーリゾート公式チャンネルでは、「アウト・オブ・シャドウランド」の制作シーンや、ショーの一部などを約80秒にまとめたスペシャルムービーが、7月9日(土)のショースタートに先駆けて公開された。

「アウト・オブ・シャドウランド」は、内気でおとなしい少女が、自分の心の中にも勇気が宿っていることに気づき、その勇気と想像力で、不安や恐れを乗り越えることを学んでいく姿を描く、オリジナルストーリーのミュージカルショー。シーンごとに色鮮やかに切り替わるプロジェクションマッピングや、ダイナミックに80度傾斜するステージ、迫力あるライブパフォーマンスなどが展開される。【東京ウォーカー】