写真提供:マイナビニュース

写真拡大

電通は6月27日、顧客企業が利用するサイト解析ツールに対して、外部調査モニターの属性データをリアルタイムに連携可能な新サービス「Agile Audience Analytics」(アジャイル・オーディエンス・アナリティクス)を開発し、電通マクロミルインサイトと共同で提供開始した。

現在、企業では自社サイトのデータ解析において、CPC(Cost Per Click)やCPA(Cost Per Action)など行動指標の把握に加え、ブランディングに資する知見を収集するために、サイト来訪者の性別・年齢・未既婚・子供の有無といった属性データの把握に注力している。

推定オーディエンスデータを用いる従来のサイト解析では、担保しづらい正確性を補足するための手段として、企業が利用する各種サイト解析ツールやDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)に外部調査モニターの属性データを紐付けるサービスは存在していたが、いずれも分析結果に対して事後的に紐付けるものであり、サイト解析時に即座に属性データを活用できるサービスではなかったという。

新サービスは、外部調査モニターの属性データを任意のサイト解析ツールやDMPにリアルタイムで紐付けできる。これにより、ネット広告戦略の立案段階で設定した当初のターゲットへの到達度をタイムリーに把握でき、広告運用のPDCAの高速化が図れるとしている。

また、サイト解析ツールやDMPから抽出した任意の顧客セグメントと調査モニターの属性データを紐付けた調査対象者の選出も容易であり、追加施策としてアンケートを実施するなど戦略の軌道修正に役立てられるという。

(山本善之介)