デコーデッド・ファッションが今年も開催──「ラグジュアリー改革」の世界最新事例と知見を手に入れよ!

写真拡大

2011年のローンチ以降、ニューヨーク、ロンドン、ミラノなどで開催されてきたファッションとテクノロジーをつなぐグローバルカンファレンス「デコーデッド・ファッション」が、「ラグジュアリー体験の未来」をテーマに、今年も東京で開催されることが決定した。ラグジュアリー産業の一大ファクターであるファッションやリテールが、これからの未来、どう生き残り、成長していくことができるのか? そのために、テックができることとは何かを考察するイヴェントだ。

「デコーデッド・ファッションが今年も開催──「ラグジュアリー改革」の世界最新事例と知見を手に入れよ!」の写真・リンク付きの記事はこちら

いま、「ラグジュアリー」あるいは「ラグジュアリーな体験」と聞いて思い浮かべることとはなんだろう?

少し前であれば、きっと誰もが、豪華であるとか煌びやかであるとか、あるいは贅沢とか高級などというように、貨幣価値に換算して解釈しがちだっただろうけれど、もはやそういった典型的で伝統的なラグジュアリーの価値観は、前時代的に聞こえてしまう。それよりもむしろ、ストレスがない、便利である、環境に優しい、シェアラブル、健康的、社会貢献できる、クオリティが高い、思いやりがある…といったことの方が、いまやずっと「ラグジュアリー」に思えるのだ。

こうした価値観の急激な変化の多くは、言わずもがな、テクノロジーの進化がもたらしたものだ。いまやテクノロジーはわたしたちの暮らしの至るところに介在し、より「easy」かつ「happy」に生きることができるようサポートしてくれる。この傾向は今後、予想を遥かに超えた人工知能(AI)の劇的な進化も手伝って、さらに加速していくだろう。

とすると、ラグジュアリー産業の一大ファクターであるファッションやリテール業界は、今後、どこを目指して進んでいけばいいのだろう。変わりゆく消費者心理を理解し、彼らに求められる真にラグジュアリーなブランドであり続けるためには、どうすればいいのか──?

昨年東京で初開催され話題となった、ファッションとテクノロジーをつなぐグローバルカンファレンス「Decoded Fashion」(デコーデッド・ファッション)が、今年も再び開催されることが決定した。

10/11(火)開催! 参加申し込みはこちらから(Peatixページ)

今年のテーマは、まさに先に議論した「New Rules of Luxury〜ラグジュアリー体験の未来」。鋭い洞察力と豊かな知見をもつ、ファッションやリテール、そしてテクノロジー業界の有識者たちが世界から集まり、すでに始まっている「ラグジュアリー改革」──企業のCSR活動やソーシャルグッドなファッションテック、ユーザーのロイヤリティを高めるリテール体験、ストーリーテリングといった最先端事例を紹介しながら、未来のラグジュアリーとは何か、そのためにテクノロジーが貢献できることとは何かを考察する。

RELATED

ファッションは、身体を保護する必需品であるだけでなく、自分が何者であるのかを他者に伝えるためのもっとも身近な自己表現ツールだ。であるならばなおのこと、ファッションには、わたしたちユーザーに特別な体験をもたらしてくれる、すてきな産業であり続けて欲しい。そのためのヒントを与え、解へと導いてくれるだろう「デコーデッド・ファッション」に、今年も期待大だ。

DECODED FASHION TOKYO2016

>>参加申し込みはこちらから(Peatixページ)

開催日時:

10月11日(火)13:00〜17:00(18:00)



会場

東京アメリカンクラブ
(東京都港区麻布台2-1-2)

参加費
32,400円(一般)、75,600円(前日のVIPディナー参加権付き)

定員
400人