ポケットチェンジは、海外旅行の際に余った外国硬貨・紙幣を投入することで、希望の電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに両替できる専用キオスク端末を開発した。6月中旬より楽天本社社屋に、同7月には羽田空港に設置して、サービス提供を開始する。

ポケットチェンジサービス

「海外旅行で余った外国のお金、どうしよう…」

日本中、そして世界中の海外旅行経験者の人なら誰しも、一度はこのような経験があるのではないだろうか。実際、外国硬貨はそもそも銀行でも両替所でも両替が出来ない。両替が可能な紙幣も、「少額だし、わざわざ両替に行くのが面倒」「両替しても、結局、自国通貨がジャラジャラ返ってきて煩わしい」などなど。余った外貨の取り扱いは困りものだった。

「海外旅行者の外貨についての意識調査」(2015年9月ソニー銀行株式会社調べhttp://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000214.000000157.html)によると、海外旅行経験者の90%に近い人が「外貨が余ったことがある」経験を持っているにもかかわらず、そのうち約15%の人しか帰国後に両替を行なっておらず、約65%の方が1万8000円(平均)相当外貨の「そのまま持ち帰って保管」している。結果、「次の海外旅行のときまで取っておこう」と、「持ち帰って保管」しているこの余った外貨は、「次に同じ国に行く機会がなかった」「どこに保管したか忘れてしまった」「家に置きっぱなしで、忘れてしまった」などの理由で、今も自宅等のどこかに眠り続けている。

日本人海外旅行者1650万人、そして伸び続ける訪日外国人(インバウンド)2000万人、そしてグローバル12億人の海外渡航者の全てが、このような状況に直面する中、その市場規模は日本国内だけでも年間3500億、グローバルには約10兆円とも推定され、これまで見過ごされてきた大きな市場と考えられる。

■ポケットチェンジサービスとは

このような悩み、課題を解決するため、同社は、手許に余った外国硬貨・紙幣を投入すると、両替相当金額を、電子マネーやギフトコード、クーポンなどにその場で変換可能な専用キオスク端末を開発した。

本端末は、海外旅行からの帰国時や出国時、最後に手元に残った余剰現金を両替するのに最適なロケーションである、国内外の空港等に順次設置予定。海外旅行者がこれまでずっと抱えていた悩みを解決するとともに、空港サービスの付加価値向上や両替所混雑の緩和や、電子マネーやポイント経済圏の活性化への貢献が可能。6月より、同社サービス提携先である楽天の本社社屋に同端末を設置、7月には羽田空港国際線ターミナルに設置し、サービスをスタートする予定だ。

ポケットチェンジサービス

■サービスの特徴

・日本市場に最適化!
日本在住の旅行者は勿論、主要な訪日外国人の人々が、便利に使える多様なサービスと提携

・日本人も、インバウンドも!
一台の端末で、日本人の海外旅行者の帰国時に余った外貨も、訪日外国人の帰国直前に余った日本円もどちらにも対応。住んでいる国で利用可能な電子マネー等に交換できる。
※対応通貨(2016年6月1日現在):米ドル、ユーロ、日本円(その他拡大予定。設置場所によって最適に変更)

・操作は簡単・スピーディ!
端末のタッチパネルを操作して、交換先サービスを選択、お金を投入するだけで完結。端末上での面倒な入力作業は一切不要。紙幣も硬貨も複数通貨に対応。硬貨は複数枚をまとめて同時に投入が可能。
※非接触ICカード型電子マネーは、端末搭載のリーダーライターに手持ちのカードをかざすだけで、その場でチャージ

・安心・安全の取引
メールアドレスや、氏名、住所、電話番号などの入力は一切不要。スピーディなだけでなく、個人情報も取り扱わず、取引は安心・安全。

関連情報

http://www.pocket-change.jp/

文/編集部