画像

写真拡大 (全2枚)

 6月27日、Momentum提供の業種別ブランド保護機能を有するアドベリフィケーションエンジンが、ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」に搭載された。

 Momentumは、業種別ブランド保護機能を有するアドベリフィケーションエンジン「Black Swan」を、ログリーのネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」に搭載し、サービス提供を開始した。

 BlackSwanではアダルトサイトなどの公序良俗に反するサイトへの掲載除外だけでなく、ニュース記事やブログ記事のコンテンツを、機械学習を用いたアルゴリズムにより解析し、広告主にとってネガティブなコンテンツへの掲載除外を行うことが可能。これにより、ブランド毀損に繋がる広告配信を防ぐことができる。
現在、業種特有のネガティブコンテンツのフィルタリングは27業種に対応している。

 今回の連携では、「logly lift」がBlackSwanの解析結果を広告掲載時に利用。不適切なサイトに対する広告配信を未然に抑止し、精度の高いブランドセーフなキャンペーンを行うことが可能となる。

MarkeZine編集部[著]