20年前からさらなる進化を遂げた侵略者は日本も標的に!?

写真拡大

ローランド・エメリッヒ監督の映画「インデペンデンス・デイ リサージェンス」が2016年7月9日から全国の映画館で公開される。

人類共通の敵・侵略者を撃退し、宇宙での独立を高らかに宣言した"独立記念日=インデペンデンス・デイ"から20年。再度の襲来に備え、回収した侵略者の技術を利用し防衛システムを構築したが、敵ははるかに想像を超える巨大化と進化を遂げていた。世界中のランドマークを破壊し尽くす侵略者の脅威。滅亡寸前の人類に起死回生の策はあるのか!?

1996年公開のSFパニックの続編。前作のほか「デイ・アフター・トゥモロー」「2012」など数々のパニック映画を手がけるエメリッヒ監督が再びメガホンを取る。戦闘機パイロットの主人公ジェイクを「ハンガー・ゲーム」シリーズのリアム・ヘムズワースが演じる。そのほかビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラムが前作から引き続き出演する。