彼とは、もう交際3年目。

もしかしたら、そこら辺の新婚さんよりも夫婦に近しい関係といえるかも……。でも、実際は同棲もしない、結婚もしない、いわゆる“煮え切らない”関係が続いている状態。

今、結婚適齢期に入っている女性からしてみれば、この先もずっと中途半端な関係が続いていくと思うと、彼に対しても何も言えなくなってくるでしょう。

良くも悪くも終わらせないと、本当にずっとこのままかも!?

そこで今回は、“煮え切らない”関係から一歩抜け出す方法についてご紹介してまいります。

自分と向き合う

中途半端な関係がずっと続いていると、さすがに不満も蓄積して、彼に感情をぶつけたくなるでしょう。しかし、自分の気持ちを整理しないまま、感情に任せて相手を怒っても、2人とも納得できる答えはみつかりません。

それにただ“モヤモヤ”しているだけなら、その原因をハッキリと突き止めなくては、話し合いの場を設けても、なかなか彼には、こちらの想いが伝わらないでしょう。

まずは、ゆっくり自分と向き合うこと。

頭の中だけでは考えられないなら紙とペンをもって、近くのカフェまで行き、ひたすら書き出していく方法もおすすめ。

いろいろな角度から自分に対して質問を投げかけているうちに、ふっと答えがみえてきます。ただ、心がスッキリしたとしても、その場で彼には連絡しないように。本当にこの結論が合っているのかどうかを確かめるため、一晩か二晩寝かせておきましょう。

優先順位をつける

自分と向き合うときに、もう1つ行なってほしい作業があります。

それが「優先順位」を決めること。

彼と煮え切らない関係が続いている今、あなたにとって優先すべきことは何ですか?

もし、そこまで同棲や結婚の優先順位が高くないなら、何が何でも彼との関係を前に進める必要はありませんよね。たとえば、仕事を軌道にのせたいと思っているなら、一緒に暮らすよりも、1人でいた(あるいは実家で暮らす)ほうが毎日マイペースに過ごせます。

しかし、仕事も楽しみたいけど彼とも一緒に暮らしたい気持ちが強いなら、彼と真剣に話し合いをすべき。今の自分にとって何を優先したほうがいいのかも、きちんと考えておきましょう。

彼と話し合いをする

ただ、ひたすら自分自身と対話しているだけでは解決になりません。

ある程度、彼に言いたいことがまとまってきた段階で、話し合いの場を設けましょう。

できればカフェなどではなく、2人きりになれる空間を用意したほうが、周囲の視線を気にせず、言いたいことを言えます。2人とも実家暮らしの場合は、その日のためにどこか場所を予約しておくのもあり。

彼にモヤモヤした気持ちを伝えるときは、遠まわしではなく直球で。

多少傷つけてしまっても、それは目を瞑れる範囲。感情が込み上げてしまっても、無理やり抑えなくていいんです。一生懸命、悩んできたことを伝えれば、きっと彼も今のままではいけないと思い直すでしょう。

「別れ」も一つの選択肢

2人が思い描く方向性に大きな違いが生じている場合、どんなにその隙間を埋めようとしても埋めきれない場合があります。これ以上、話しても精神的に疲れてしまうと判断できるなら、一度、彼とのお付き合いを解消してみては?

本当にお互いにとって必要な人であれば、数年会わなくなったとしても、再び巡り会うチャンスはでてくるでしょう。それに離れてみて初めて分かることもたくさんあります。

どうしても彼が動こうとせず、我慢できないなら、それ以上は決して無理をしてはいけません。

もしかしたら、あなたが気づいていないだけであって、本当の“運命の人”は意外とすぐ近くにいる可能性も……。

☆☆☆

結婚? それとも……? 自分にとっての優先順位は何か、よーく考えてみましょう。

前に進みたいなら行動に移す

煮え切らない関係が続いているとき、何も思わなければ、毎回のデートも楽しめるでしょう。

しかし、いずれ結婚を考えている相手が将来に向けて何も動いてくれないほど悲しいことはありません。

良くも悪くも今の状態から抜け出すためには、きちんと自分で考え、行動に移すこと。

こういうときは誰にも助けてもらえません。疲れすぎない程度に、彼とも向き合いつつ、2人が幸せになれる道を探していきましょう!