生まれてはじめて、色あざやかな世界をその瞳に映した兄弟。ふたりの思いがあふれ出る映像に涙がこぼれます

写真拡大


生まれつき色の識別が困難な兄弟、ジミーさんとジェイスさん。彼らの両親はふたりに、とあるサングラスをプレゼントしました。

特殊なレンズにより色覚が補正されるというサングラス「EnChroma」をかけ、生まれてはじめて「色」を見たふたりの反応は……。その瞬間を収めた動画を、YouTubeからご紹介します。

【世界が塗り替えられた瞬間】

緑、赤、オレンジ、紫の風船。明るいピンク地に、黄色の花があしらわれたタオル。ジミーさんとジェイスさんは、こういった色とりどりのアイテムを見ても、色の区別をつけることが難しい、色弱者の兄弟です。

そんな彼らに両親がプレゼントしたのは、アメリカEnChroma社のサングラス。光の三原色である「赤・緑・青」の波長を、特殊なレンズを通して識別しやすくすることで、色覚を補正する製品です。

おそるおそるサングラスをかけるジミーさん。見たことのない「色」に満ちた世界を目にした途端、ハッと口元を押さえました。家族から「何が見える?」と問われますが、言葉になりません。無言のままサングラスを外し、ジェイスさんに渡します。

交代でサングラスをかけたジェイスさん。父親が手に持ったカラフルな風船を見ると、絞りだすように「とても鮮やかだ」とつぶやき、ジミーさんと固いハグ。まるでその心情を、静かな嗚咽とともに分かち合っているようでした。

今まで当たり前に見てきた世界の色が、ガラリと塗り替わってしまった瞬間。それは喜びと驚きと戸惑いが一度にやってくるような、圧倒される感覚ではないでしょうか。ただ「うれしい」というひと言では表せないものが、きっとあったことでしょう。

ジミーさんとジェイスさんが交互にサングラスをかけながら、目に映る色の名前をひとつひとつ確認している姿に、強く胸を打たれる動画でした。

【サングラス「EnChroma」とは?】

このサングラスは、レーザー手術用の防護レンズの開発研究中、あるレンズを通すと特定の色が変化する現象に気づいたことから、偶然誕生した製品。装着して色覚補正の効果を得られるのは、色覚異常で最も多く存在するという赤色と緑色の識別が困難なケースとのことです。

また日本からでもオーダー可能ですが、製品の費用とは別に、国ごとの税金や送料などの追加料金がかかるとのこと。遠くないうちに、気軽に日本でも同様の製品が手にできるようになるといいですね。

参照元: YouTube, EnChroma
執筆=森本マリ (c)Pouch

この記事の動画を見る