27日、香港・東方日報によると、EU離脱を決めた英国で2度目の国民投票を求める署名が350万人に達した問題で、英議会は「署名に不正が確認されたため、7万7000人分を削除した」と表明した。資料写真。

写真拡大

2016年6月27日、香港・東方日報によると、欧州連合(EU)離脱を決めた英国で2度目の国民投票を求める署名が350万人に達した問題で、英議会は「署名に不正が確認されたため、7万7000人分を削除した」と表明した。

英議会請願委員会によると、2度目の投票を求める署名は米国、ドイツ、フランス、シリアなど世界各地から集まったとされる。しかし、人口800人に過ぎないバチカンから4万人分の署名が出されるなど不自然な点が確認されたという。このため委員会ではこれまでに7万7000人分の署名を削除した。

また、中には複数のメールアドレスを使い、複数回署名をしたケースも発覚。署名事態の公平性、信ぴょう性を疑う声も広がっている。(翻訳・編集/大宮)