大容量バッテリー内蔵、スマホ/タブレットの充電も

写真拡大

NTTドコモは、ファーウェイ製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION(ワイファイ・ステーション) HW-01H」を2016年6月下旬に発売する。

高画質な映画やアニメなどの動画コンテンツを楽しめる、下り最大370Mbpsの高速通信「PREMIUM 4G」に対応。従来の周波数帯に加え新たな周波数帯を利用することで、郊外のほか混雑する都心でも快適につながるという。シンプルなユーザーインターフェイスを採用し、初心者でも簡単に設定が可能だ。

約5秒の高速起動で、IEEE 802.11 a/b/g/n/acやUSB 3.0に対応し、Wi-Fi接続のほかUSBテザリングでも安定した高速通信を利用できる。

容量4750mAhバッテリーを内蔵し、スマートフォンやタブレットの充電が可能な「モバイルチャージャー機能」を搭載する。一定時間通信がない際は自動でスリープモードになるなどの省エネ設計を施す。バッグなどから取りださずにスマホ/タブレットでスリープモードから復帰できる「遠隔ウェイクアップ機能」を備える。

カラーはブラック。