歯磨きは何分すればいいの?歯科衛生士が答える「歯の素朴な疑問」5つ

写真拡大

人を外見だけで判断してはいけませんが、一方で“見た目”が大切なことも事実です。

欧米では虫歯の治療をしていないことや、歯並びが悪いことが、“見た目”を判断される大きな材料となるそうです。その欧米の価値観が日本でも浸透し始め、歯科矯正やホワイトニングなどで“歯”を美しく綺麗にする方が増えてきています。

“歯”だけで育ちや品性を判断されることは不本意かもしれません。しかし、あなたも他人の“歯”に目がいってしまうことが多々あるのでは?

そこで今回は、東京都内の総合病院に勤務する歯科衛生士の伊藤淑江さんに“歯の健康”についてお話しを伺いました。

 

■Q1:“虫歯の菌は人に感染する”という噂は本当か?

本当です。常在菌(健康な状態でも、一定数は存在する菌)である虫歯は10歳頃までに他者から感染します。例えば母親が使ったスプーンで子供に食事をさせる、父親の食べかけのクッキーを与えるなどの行為で感染します。

 

■Q2:正しい歯磨きの仕方と、どのぐらいの時間をかけて磨けば虫歯を予防できるのか教えてください

3分歯磨きをしただけで虫歯にならない人もいれば、10分以上かけて磨いても虫歯になる人もいます。それは、その人それぞれの歯並びによって違うからです。なので時間はあまり気にせず、全体を磨けたら終了で問題ありません。

歯磨きのコツは“毎日同じ順番で磨くこと”です。前歯からでも奥歯からでも構いません。順番を決めることによって磨き残しを防げます。

また、右利きの方は口腔内の左側、左利きの方は口腔内の右側の歯が磨きやすいので、つい長時間、力強く磨いてしまいます。なので、左右平等で同じ時間と力を入れて歯磨きをするように心がけてください。そして歯間ブラシも併用すると、より効果が高くなります。

 

■Q3:歯磨きを怠ることで生じるリスクは何ですか?

歯垢(プラーク)を放置すると歯髄(歯の神経)から菌が入り血管を通って心臓に達して、“心内膜炎”という疾患を発症する恐れがあります。歯痛も放置すると“顎骨炎”を起こす可能性があります。

また、歯磨きを怠り口腔内が不衛生になると、細菌が気官に入って引き起こす誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)になる危険性もあります。

全く自覚症状がなくても虫歯の方はたくさんいますので、歯科の定期健診をお薦めします。

 

■Q4:自分で歯を白くする方法はありますか?

ステイン(着色汚れ)を完全に自力で落とすことは難しいので、自費診療になりますがホワイトニングを歯科で行ってください。

ちなみに、煙草やコーヒー、ほうじ茶や紅茶などは着色汚れが付きやすいので、これらを口にしたら、口腔内を水ですすぐ習慣を身に付けておきたいですね。

 

■Q5:歯科矯正は子供の頃にしておいた方がいいの?

できるなら全て永久歯に変わる前、つまり10歳くらいまでに行うのが理想です。生後6ヵ月頃から下の歯が生えてきて、3歳頃に乳歯が全て揃います。その後、乳歯が抜けて永久歯が生えてきますが、すべての永久歯が生え揃う前に行うのが理想です。

大人になってからの歯科矯正は、歯並びと顎の形成が完了しているため矯正に時間がかかります。

 

いかがでしたか? 子供の頃、寝る前に「歯は磨いたの?」という言葉がけは親の愛情ですね。虫歯は痛くて、大人でも耐え難いものです。

できることなら、子供の頃から虫歯予防と歯並びの矯正はしておいてあげたいものですね。大人になってからも自分自身の歯のメンテナンスや着色汚れや虫歯、歯肉炎にならないように予防習慣を身につけましょう。

(ライター 中根千恵)

 

【取材協力】

※ 伊藤淑江・・・歯科衛生士。東京都杉並区内、総合病院勤務。妊婦や幼児への口腔ケア講師も多数経験。現在は病棟の入院患者の口腔ケアを行う。

 

【関連記事】

※ 毛先が開いたら…では遅い!歯科医が教える「歯ブラシの交換時期」

※ あっ…そこは行っちゃダメ!通う前に知りたい「ヤバげな歯医者」特徴4つ

※ 歯科医が警告する「歯ブラシが不潔になる」NG保管法3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ 72kgが51kgに!? さらに産後-10kgを経験したママもいる裏技ダイエット

※ あ〜女子力落ちた…「お風呂時間に済ませる」忙しい女性の時短美容って?

 

【姉妹サイト】

※ ヤバ…私臭うかも!? 速攻で「口臭を解消する」冷蔵庫アイテム4つ

※ え…レンジを使うとドンドン老化する!? シワたるみが加速する意外なワケ

 

【画像】

※ Alliance / Shutterstock