「抹茶ビール」などユニークなビールが飲めるビアガーデンがお茶の水に登場!

写真拡大 (全4枚)

お茶の水の日本茶レストランに登場したのは、2016年6月1日(水)から9月30日(金)までの夏季限定「抹茶ビアガーデン」。こちらでは、のどごしはビールだけど後味に抹茶が香るというユニークな「抹茶ビール」など、9種類のビールを味わえるのがポイント。

抹茶を独自ブレンドしたまろやかな「抹茶ビール」、ビターな黒ビールで大人の味に仕上げた「抹茶黒ビール」、あっさりして飲みやすい「ノンアル抹茶ビール」といった3種の抹茶系ビールは、それぞれにしっかりとビールの味わいを楽しめるのがいいところ。これなら、ビール好きの私も納得!

このほかに通常のビールや新作の「ほうじ茶黒ビール」などもあるから、お好みで抹茶系ビールと飲み比べるのもいいかも。そんなときは、9種のビールが飲み放題で、お茶を使った「お茶料理」が1品付く3800円(2時間制)のプランを。
◆おつまみもお茶づくし!抹茶ビールには、お茶料理5種がセットのビアガーデンセットがおすすめ


ビールのおつまみには、5種類のお茶料理がいただける「抹茶ビアガーデンセット」(3000円 2〜3人前)がおすすめ。

抹茶の茶葉がたっぷりの「ポテトフライ抹茶塩」や、抹茶味噌でいただく野菜スティック、抹茶ソースのかかったスモークサーモンなど、お茶づくしのおつまみは「抹茶ビール」との相性も抜群! いろんなおつまみを、少しずつあれこれ味わいたい私にはぴったり。

◆グリーンいっぱいのお茶料理は、ちょっとびっくり。だけど、おいしい


全19品の料理メニューのうち、11品は新作だそう。例えば、新茶の茶葉をバジルに見立てた新作「新茶の酒盗ピザ」(1080円)は、チーズの香りとお茶のほろ苦さが楽しめる一品。アンチョビの味わいに似た酒盗も、いい味出してる!

このほかに毎年好評の人気メニュー「抹茶ポテトサラダ」(680円)なども。どのお茶料理もグリーンいっぱいで見た目のインパクトも抜群。抹茶の風味を生かした味わいも、日本茶レストランならでは。

◆食後のお茶スイーツも充実。プリンやアイスに加え新作の「フォンデュ」も!


女子に嬉しい「お茶スイーツ」も充実。抹茶を使った「手づくりプリン」(830円)は「抹茶蜜がけ」と「ほうじ茶蜜がけ」の2種類があったり、ほうじ茶、挽き茶、抹茶と3つの味が揃う「アイス」(450円)があったり。

特に私が気になったのは、新作の「お濃茶(こいちゃ)フォンデュ」(880円)。抹茶を濃い目に練った「お濃茶」に、季節のフルーツをディップしていただくというもので、フルーツの甘みによって抹茶の苦味が楽しめて大人女子好み。

ビールのほかにも、鮮やかなグリーンの「抹茶ワイン」(720円)や緑茶のカクテル梅酒「緑茶梅酒」(550円)など、お茶カクテルも揃うそう。

お茶と一緒にビールを楽しむ、新しいスタイルのビアガーデンに注目して。