世の妻に聞いた「毎月の貯金額は?」2位1〜3万円に圧勝の衝撃の1位は…

写真拡大

専業でも兼業でも、主婦にとって“毎月のやり繰り”は大仕事。できれば、月に何万円かは残るようにやり繰りをしながら家計を整えて、家族の将来や、緊急用の費用のために貯蓄をしたいものですよね?

では、一家のお財布を握ることも多い世の主婦たちは、毎月の収入のうち、平均いくらを貯蓄に回しているのでしょうか。「皆はいったいいくら貯めてるのかしら……」と気になりませんか?

そこで今回は、『WooRis』が既婚女性402人を対象に実施した独自調査の結果をご紹介します!

 

■なんと、貯蓄金額1位は…ゼロ!

まず、「あなたは共働きですか? 専業主婦ですか?」と尋ねると、専業主婦が63.2%、共働きは36.8%でした。夫の収入がいくらかにもよりますが、共働きで自分の収入があれば、より貯蓄もしやすいかもしれませんね。

次に、「あなたの家庭では、月にいくら位貯蓄をしていますか?」と尋ねると、驚きの答えが……!

1位・・・「貯蓄はしていない(できない)」(32.6%)

2位・・・1〜3万円(21.9%)

3位・・・3〜5万円(14.9%)

4位・・・0〜1万円(12.4%)

5位・・・10万円以上(9.5%)

という結果となり、なんと1位は「貯蓄をしていない」でした! 「できるけどしない」というケースもあまりないでしょうから、やはり月々の収入がカツカツで貯蓄に回すお金がない、というケースが多いのでしょう。

毎月赤字になって、ギリギリの収支で暮らしている家庭も多いかと思います。でも、たとえ少しでもいいから貯蓄をしないと、いざという緊急時や老後などへの不安がありますよね。

 

■収支がギリギリでも無理なく貯蓄する方法とは?

紙の上で計算すると収入が足りているはずなのに、実際生活すると「ゲッ……今月も赤字!」ということは多いもの。人間ですから、無駄遣いしてしまうこともあるでしょう。

でも、そんなカツカツの生活の中でもきちんと毎月貯蓄している人は大勢います。そんな貯蓄上手さんにはどんな秘訣があるのでしょうか?

過去記事「FPが伝授!収入が少なくても“なぜか貯蓄が多い人”のお金の貯め方とは」によると、毎月余るお金が少なくても貯蓄する方法は、

(1)先取り貯蓄をする

「毎月の収支がギリギリで、お給料日前にはお金が残らない」「うっかり使いすぎると赤字になることもある」という状態では、「余ったら貯蓄する」なんて夢のまた夢。

この場合、毎月の生活費を使う前にお金を貯蓄口座に移す“先取り貯蓄”をするべきですね。気をつけたいのは、その際は簡単にお金を下ろせる口座に入れないこと。しかし、最近の日本では預金口座にお金を入れても殖えることは難しそう。確実に殖やせる投資の種類などをFPに相談してみるのもいいかもしれません。

子どもの児童手当なども、将来のために手をつけず貯めたいですね。

(2)無理のない金額を設定する

余裕もないのに「毎月5万円貯めたい」などと無理をして貯蓄額を設定すると、食費やレジャー費などに影響が出て慎ましすぎる“ガマン生活”を強いられることも。そうなるとモチベーションが下がり続かなくなりそうなので、まずはあまり家計に影響の出ない金額を設定するといいそうです。

今全く貯金していない人なら、毎月5千円〜1万円程度から始めれば、さほど家計に影響はなさそうです。また、インターネットが発達した最近は在宅でできるお仕事もあるので、貯蓄する分は稼ぐという手もあります。

 

以上、貯蓄に関するアンケート調査結果と、収入が少なくても無理なく貯蓄する方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

貯蓄は、イザというときや将来安心するためにするものです。目安としては、まず病気やケガ、転職など非常用の資金として、生活費半年分程度を貯めることを目標に頑張ってみましょう!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ ありえない!お金を貯めたいあなたが「まだ続けている」NG習慣3つ

※ 大金持ちほどやっぱりドケチ!? 米国の大富豪に学ぶ「驚きの節約術」5つ

※ 忙しくて「家計簿がつけられない人」でもお金が管理できる方法3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 時短とコスパだけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

※ これで女子力アップ!今しか手に入らない「幻の美容オイル」とは

※ 72kgが51kgに!? さらに産後-10kgを経験したママもいる裏技ダイエット

 

【姉妹サイト】

※ 望む夫は妻の1.5倍!「夫婦でデートしたい」…夫婦円満のヒケツ

※ 枕営業ならOK?不倫相手が水商売だと「妻は慰謝料を取れない」のか

 

【画像】

※ NOBU / PIXTA(ピクスタ)