3位きつい性格…よりも!「子どもに似てほしくない妻の特徴」1位は

写真拡大

子育ては大変ですが、それ以上に子どもの成長は見ていて面白いですよね。

「絵が好きなのはママ似だね」「おだやかなところがパパそっくり!」など、成長過程の中で両親に似ているところを指摘されるのも嬉しいものです。

その一方で、夫の短所が子どもに似ていて「ゲッ……」と思った経験はありませんか? そして夫も同じように、「妻の短所が子どもに似てきている……」と危機感を感じていたとしたら……!

そこで今回は『WooRis』が独自に409名の既婚男性を対象に、「子どもに似てほしくないのは、妻のどんなところですか?」というアンケートを実施しました。早速、ランキングの結果を見てゆきましょう。

 

■5位・・・片付けができない

まず5位に選ばれたのは、“片付けができない”でした。

最近では潔癖症男子が増えていますし、掃除や片付けができない妻に頭を悩ませている男性が多いのかもしれません。

“片付け下手”を自覚している場合は、対処しなければ子どもが同じようになってしまう可能性は大でしょう。

『WooRis』の過去記事「将来“女子力ゼロ”になってしまう女の子の親のNG教育法3つ」で、片付けのできる子になるためには、まず自分自身が手本になることをお伝えしました。

子どもの性別に関わらず、片付けができる子になるよう、子どもと一緒に整理整頓を学ぶところから始めてはいかがでしょうか?

 

■4位・・・口うるさい

“口うるさい”妻に、夫はうんざりしているのかも……。

どうしても女性のほうが細かいことに目がいきがちですので、口うるさくなってしまいます。そしてそんな妻の行動に、子どもが似てしまわないか夫としては心配になっているようです。

とはいえ、何度言っても改善しない夫の行動に「口うるさくなるのは誰のせい?」と反論したくなる妻も多いのでは?

 

■3位・・・性格

3位には“性格”がランクイン。“性格”と一言の回答のほかに、“性格がきつい”という回答が多く見受けられました。

性格は人それぞれなので、“性格”と回答した夫の主観にはなってくるかと思うのですが、“性格がきつい”や、少数回答に見られた“勝気”などは、子どもが娘であることが想像できます。

女の子は守ってあげたくなる部分ももちあわせてほしい、と思うのが男心なのかも。

 

■2位・・・ズボラ・がさつ

そして2位は、“ズボラ・がさつ”となりました。

女性たるもの“ズボラ・がさつ”ではいけない、というイメージから上位にランクインしたのかも。子どもが娘だった場合には、特に「似てほしくない」と思っていそうです。

しかし、妻だって忙しいのです。手を抜いた途端「ズボラだな」なんて思われていたら心外! 家事の中で夫からズボラだと指摘されることがあれば、家事分担を相談して見直してみましょう。

 

■1位・・・短気

圧倒的な1位に選ばれた、妻の子どもに似てほしくないところは“短気”でした。これは自覚症状がある方も多いのではないでしょうか?

しかし、生活習慣の改善が見られない夫に口うるさく、言うことを聞かない子どもにイライラ、「短気にもなるわよ!」という妻の声が聞こえてきそうです。

実はこのアンケート、妻に聞いたバージョンもあり、やはり1位が“夫の短気な部分が子どもに似てほしくない”という結果になりました。

両親ともに、子どもには怒りっぽい性格にはなってほしくないと望んでいるようです。お互いに、自分の短所と向き合うことから始めるべきかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか?

普段言わないけれど、夫は心の中で「妻のこういう部分は似ませんように」と願っているのです。

子どもは親の背中を見て育ちます。「私の子だからしょうがない!」と割り切るのも一つですが、改善の余地があれば少し意識をしてみてくださいね。

(ライター 沖田かへ)

 

【関連記事】

※ 3位タバコや2位暴力よりも!「子どもの前でやめてほしい夫の言動」1位は

※ 「夫婦喧嘩の原因となる危険な話題」2位家事への文句、それを上回る1位は?

※ 「長い間幸せな夫婦でいる人」がやり続けている1つの共通点とは

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ 72kgが51kgに!? さらに産後-10kgを経験したママもいる裏技ダイエット

※ あ〜女子力落ちた…「お風呂時間に済ませる」忙しい女性の時短美容って?

 

【姉妹サイト】

※ 正直ゲンナリ…「夫の機嫌が悪いとき」妻がとるべき賢い対処法3つ

※ 2位家の前にゴミ…「ご近所さんにやられたらイラッとすること」1位は

 

【画像】

※ pathdoc / Shutterstock