9万人の調査で判明!パパの自殺を予防する「朝ご飯」とは

写真拡大

日本人は自殺の多い国民だといわれています。年間で2万5千人近くが不幸にも自ら命を絶っているといるそうですが、実はそのうち1万5千人近くが男性だというのです。

しかもそうした自殺者の多くが、自殺の直前、あるいは少し前からうつ病など心の病に苦しんでいたと分かっています。

そこで今回は、国立がん研究センターやイランのアフヴァーズ・ジュンディーシャープール医科大学の研究などを基に、自殺を防いでくれるかもしれない朝食メニューをまとめました。

もちろん、ランチでもディナーでも応用は可能。早速今日から参考にしてみてください。

 

■葉酸と抗酸化ビタミンの多い食べ物を食卓に並べる

自殺者の多くが直前まで苦しんだという、うつ病などの心の病。このうつ病を予防する食べ物として、葉酸と抗酸化食品があげられています。

葉酸とはビタミンB群の一種。抗酸化食品とは、β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールなど。

例えば、抗酸化食品がうつ病を予防する可能性については、イランにあるアフヴァーズ・ジュンディーシャープール医科大学の研究があります。

同医科大学はうつ病に罹患している30人の男子大学生と、心に特に問題のない30人の男子学生、合計60人の食事を調べました。その結果、うつ病の学生は比較的、抗酸化食品の摂取が少ないと分かったのだとか。

また、日本の国立がん研究センターが9万人近くを対象に行った「食事パターンと自殺との関連について」の調査では、野菜や果物・イモ類・大豆製品・キノコ類・海藻類・脂の多い魚・緑茶などを多く摂取する人に、自殺者が少なかったという結果が出ています。

その理由としては、やはり葉酸と抗酸化食品の豊富な摂取が考えられるとか。上述した食べ物は、葉酸や抗酸化ビタミン、ポリフェノールが多く含まれた健康食品の代表例です。

 

■自殺を防ぐ朝食のメニューとは?

上述した栄養素のうち、葉酸は海藻でいうと焼きのり・味付のり、キノコ類でいえば干しシイタケ、大豆製品ならきな粉・納豆・枝豆などに多く含まれています。

抗酸化ビタミンの一種ビタミンCは、野菜や果物でいえばイチゴやキウイ、イモ類でいえばジャガイモやサツマイモなどに豊富に含まれています。緑茶もビタミンCで有名です。そう考えると、

・納豆

・焼きのり

・干しシイタケの煮物

・きな粉ヨーグルト

・ジャガイモのみそ汁

・イチゴやキウイなどのフルーツ

・緑茶

をごはんと一緒に並べてあげてみては? まるで民宿や旅館の朝食といった感じですが、うつ病や自殺を防いでくれる可能性が高いメニューのできあがり。

「こんなに朝から準備は無理……」と思うかもしれません。ですが、みそ汁は昨晩の残り物を温め直せばOKですし、干しシイタケの煮物などは常備菜として作っておいてもいいですね。

「うちの主人はパン派なんだ」という家では、

・アボカドのサラダ

・マッシュポテト

・きな粉やフルーツのヨーグルト

などを添えてみては? アボカドやマッシュポテトは葉酸も豊富で、抗酸化ビタミンにも優れています。

あくまでも一例ですが、野菜や果物・イモ類・大豆製品・キノコ類・海藻類・脂の多い魚・緑茶などを上手に食事に取り入れて、ご主人のうつ病や自殺を食事の面から予防したいですね。

 

以上、自殺やうつ病を予防する朝ご飯のメニューを紹介しましたが、いかがでしたか?

欠食はいうまでもありませんが、パン1枚で終わり、お茶漬けで終わりといった朝食には、できればならないようにしたいですね。

(ライター 坂本正敬)

 

【関連記事】

※ ゲッ…今朝も食べてた!? がんリスクも高まる「朝食に避けたい」NG食品5つ

※ 「自殺率の高い職業」4位弁護士、3位金融関係者…それを超える1位は?

※ 最悪自殺のリスクも!夫が仕事で苦しんでいる時「掛けてはいけない言葉」3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ お肌の健康を守る!時短美容家オススメの「紫外線対策」とは

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ あ〜女子力落ちた…「お風呂時間に済ませる」忙しい女性の時短美容って?

 

【姉妹サイト】

※ リバウンド知らず!運動より大事な「ヤセるテクニック」2つ

※ むくみの原因や解消法は?ツボから食べ物まで「むくみケア」まとめ

 

【参考】

※ Total antioxidant capacity of diet and serum, dietary antioxidant vitamins intake, and serum hs-CRP levels in relation to depression scales in university male students - NCBI

※ e-ヘルスネット - 厚生労働省

※ 食事パターンと自殺との関連について - 国立がん研究センター 社会と健康研究センター

※ 自殺・うつ病等の現状と今後のメンタルヘルス対策 - 厚生労働省

※ 食品成分データベース - 文部科学省

 

【画像】

※ マハロ / PIXTA(ピクスタ)