ドイツの定番「学生スナック」は最高のおやつ

写真拡大

ドイツ国内ではおなじみの「学生スナック(Studentenfutter)」をご存知ですか? スーパーやドラッグストアなどどこにでもおいてある、ヘルシーなスナックなんです。
ナッツ・ドライフルーツは最高のおやつ
かんたんにいえばこの学生スナックは、さまざまなナッツ類と乾燥フルーツをミックスしたおつまみのようなもの。ナッツ類ではクルミ・マカダミア・ピーナツ・アーモンド・カシュ―ナッツ・カボチャの種などが、ドライフルーツではレーズン・アプリコット・ショウガの砂糖漬けなどが入ったミックスが人気。最近ではドライ・パイナップルやドライ・マンゴー、ココナッツ・チップスも入るエキゾチック・シリーズも店頭にお目見えするようになりました。
これら市販のものにバナナチップスやピスタチオ、ドライ・アップルや松の実などを加え、自分だけのこだわりレシピを持つ人も見かけます。いまでさえこんなに豪華になった学生スナックですが、その原点はほんの2、3種類のナッツとレーズンだけの非常にシンプルなもの。長期保存が可能なほか、かさばらないから持ち運びにもとっても便利。当然スポーツ選手たちにも人気です。ダイエット中、ちょっと小腹がすいて甘いものが欲しいなと思った時にもよいかもしれませんね。
ナッツは「ブレイン・フード」
ドイツでは、とくに学生たちに重宝される学生スナック。その昔、ピーナッツとレーズンが比較的安値であったので、学生たちに手が届きやすいおやつであった事からその名がついたようです。他説では、勉学に励む学生たちに理想的な栄養素を届けてくれるからだそうで、レーズンとナッツの掛け合わせがベストだとされるのがその理由のようです。
甘いものを欲した際、そのほとんどがブドウ糖でできているというレーズンがすばやく脳に栄養補給してくれる。そのことで集中力が高くなります。またブドウの皮をまるごと乾燥させてつくられているために抗酸化作用が高く、また消化が遅いためにお腹にたまりやすい。血糖値をゆるやかにあげてくれるという利点もあげられます。
また学習能力・記憶力を高めると言われるピーナツと、ほかのナッツ類とを混ぜることで、ストレスに対抗するマグネシウム・神経の疲労回復促進をするB-ビタミン類がとれることも、最高のパフォーマンスを上げる手助けをしてくれる、人気の秘密なのでしょう。
英語ではちなみに「トレイル・ミックス(Trail Mix)」と呼ばれるこのスナック。トレイルと呼ばれる理由は、遠足やハイキングに行く際のおともとして開発されたからだと聞きます。これから家族で海や山へ出かける機会には、自分たちだけのオリジナルをミックスしても楽しそうですね。個人的には柿の種を入れてもおいしそうだと思っています。
photo by Thinkstock/Getty Images

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。