日中交流が盛んになれば、経済だけでなく人的交流も盛んになる。人的交流が盛んになれば、男女間に恋愛感情が生まれることもあるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人男性と交際した1人の中国人女性の経験と悩みを掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日中交流が盛んになれば、経済だけでなく人的交流も盛んになる。人的交流が盛んになれば、男女間に恋愛感情が生まれることもあるだろう。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人男性と交際した1人の中国人女性の経験と悩みを掲載した。

 記事は、40歳の日本人男性と恋人関係になったという30歳の中国人女性のエピソードを紹介。女性は外国語学校の教師をしており、日本人男性は女性が教える学校で中国語を学ぶ留学生だったという。

 その後、2人は交際に発展した。日本人男性は善良できれい好き、中国人女性にも優しかったという。その後、男性が中国に住むことも了承し、2人は結婚を話し合うようになったが、なんと女性の両親に結婚を反対されてしまう。

 反対の理由は「中国人女性の父が日本人嫌いだった」からだという。両親の承諾を得られないとなれば、結婚することは難しい。その後、女性はこの男性との結婚をあきらめ、2人は別れる事となったそうだ。この女性の経験の信ぴょう性がどの程度かは分からないが、男女の関係は一筋縄ではいかない。男女ともに30歳を越えており、まして国際結婚ともなれば文化や習慣の違いがあり、簡単ではないだろう。特に中国では反日教育の影響などもあり、日本人であるというだけで受け入れられないことも少なくないのだ。

 もし中国人との国際結婚を考えているなら、言語の壁だけではなく、文化的背景や親族関係など、超えるべき壁は多い。例えば中国では、結婚の条件として、男性は安定した収入だけでなく、持ち家があること、自家用車があることなどが要求される。くれぐれも相手の真意や背景をよく理解したうえで決定すべきと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)