画像は珍獣屋公式Twitter(@noge_chinjuya)より

写真拡大

神奈川県横浜市にある飲食店・珍獣屋にて、食用のウーパールーパーが大量に入荷され、Twitter上で話題を呼んでいる。

【【画像】食用ウーパールーパーがぷるぷるしてて食欲を掻き立てまくる!の画像・動画をすべて見る】

食用ウーパールーパーは7月より販売。注文する場合には、前日までに予約が必要となるので注意が必要だ。

写真を見るとぷるぷるしたウーパールーパーが大量! 美味しそうだしかわいいし最高な予感しかない。

コリコリした食感!? 珍味ウーパールーパー


ウーパールーパーは、正式名称がメキシコサンショウウオというメキシコ原産の生物。水質汚染などにより生息数は激減してしまっている。

どこかとぼけた表情や愛嬌のあるルックスでペットとして飼育されることもあるが、国際的な商取引が規制されているため、日本で流通するのは、ほぼ国内の飼育下で繁殖した個体のみだ。

珍獣屋では、そんなウーパールーパーを食用に大量入荷。2014年には、ポピュラーな丸ごと1本揚げで提供されていたが、今回はどのような調理法で味わえるのだろうか……?

ちなみに、現地でも食べられることがあり、味は白身魚のように、あっさりかつ淡泊。コリコリとした食感だという。



薬を一切使っていない、無添加・無農薬ウーパールーパーは身体にも良さそう。是非とも試していただきたい一品だ。

なお、珍獣屋では他にもウミガメの肉や卵かけごはん、オオグソクムシ料理をはじめとした古今東西の珍味が用意されているので、勇気のある方はぜひ足を運んで食レポしてほしい。

http://kai-you.net/article/20479
http://kai-you.net/article/20077