42度のシャワーを6分。目がショボショボしだしたら

写真拡大

一日中パソコンやスマホと向き合って溜まった目の疲れ。

目の奥は重いし、まぶたもなんだかショボショボします。

そんな辛い目の疲労を回復する方法が、東京ガス・都市生活研究所と千葉大学の共同研究で発表されています。

42度のシャワーで視力がアップ!?

その回復方法とは、42度のシャワーを6分間目の周りに当てる、というもの。

PC上のエクセルシートで小さな文字を探す作業を20分間行ない、目を疲れさせたあとに、それぞれ6分間(片目1分ずつを交互に)、

・シャワーなしのとき

・目の周囲に42度のシャワーを当てたとき

・32度のシャワーを当てたとき

の差を調べた実験結果が出ています。

それによると、なんと42度の場合では、作業によって平均マイナス0.15度低下した視力がシャワー直後には普段より0.1程度上回り、目の疲労感からももっとも早く回復したそうです。

また、32度のシャワーではやや視力は回復したものの、普段の視力には至らず。

シャワーなしの場合は、視力の回復にもっとも時間がかかったと言います。

この実験により、熱めのシャワーを浴びることが目の疲れに効果的だということが証明されました。東京ガス・都市生活研究所の分析によれば、シャワーの水圧によるマッサージ効果と42度の温熱効果によるものだとのこと。

蒸しタオル+アロマでリラックス効果抜群

ある程度の水圧で、6分もの間、目の周りにシャワーを当て続けるのはちょっとつらいかも...。そんな人には、マッサージ効果と温熱効果の両方を得られる、蒸しタオルを使ったセルフマッサージがおすすめ。

やりかたは簡単で、電子レンジや熱湯で40度の蒸しタオルをつくり、目の上に乗せてやさしく揉むだけです。お気に入りのアロマオイルを少し垂らすと、さらにリラクゼーション効果もアップします。

スマホやパソコン、TVなど、いつもがんばってくれている目だからこそ、疲れたらすぐにケアしてあげましょう。

あわせて読みたい

連休のない6月。疲れてても寝ダメしないで #オネエ調べ

・はやく寝たいのに...。10分で1時間の睡眠に匹敵の簡単エクササイズ

・今日だけはぐっすり寝たい。そんな日のパジャマ選び

※この記事は2012年9月に公開された記事を再編集しています。

[東京ガス]

image via Shutterstock