写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは6月27日、テクニクスとイギリス・ロンドンのアビーロードスタジオが2年間のパートナーシップ契約を結び、協業活動の第一弾として同スタジオにターンテーブル「SL-1200GAE」を導入したことを発表した。

今回の契約についてパナソニックは、アナログレコードの需要が継続的に伸長する中、パナソニックとアビーロードスタジオのアナログレコードに対する取り組みや、最高の音作りを追求する姿勢などが一致したと説明。今後はスタジオ内のカフェテリアにも「SL-1200G」を導入し、アーティストやエンジニア、スタジオ訪問者などに広く使われる予定となっている。

SL-1200GAEは、テクニクスのブランド50周年を記念したターンテーブル。世界で1,200台(うち日本国内で300台)の限定販売で、国内では4月12日に予約受付を開始したが、30分で完売となった。