彼の地では「グリーンヘル(緑の地獄)」とも呼ばれるというニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)。

レースからフィードバックされたテクノロジーの数々と、グリーンヘルのボディカラーをまとって登場したストリートカー「メルセデス AMG GT R」。

1

ポイントは、585馬力、700Nmまでスープアップされた4.0L V8直噴ツインターボだけではありません。モータースポーツ由来という空力ボディも魅力です。

その特徴となっているのは、レース専用車であるGT3と同様のフロントグリル。縦格子のグリルが、走りのエアロダイナミクスを象徴しているのです。フロントバンパー、リアウイング、そしてフロア下の整流効果まで、そのテクノロジーは写真からも伝わってきます。

なお、メルセデスAMG GT Rが発売開始となるのは2016年11月21日(予定)。実際に市場に出回るのは2017年3月頃とアナウンスされています。

レース専用車GT3のグリルを受け継いだ量産市販モデル ─ 『メルセデスAMG GT R』画像ギャラリー ・その2(http://clicccar.com/2016/06/27/381841/)