人気ゲーム「シヴィライゼーション」が高校生向けの教材に

写真拡大

人気シミュレーションゲーム「シヴィライゼーション」シリーズに、歴史を学ぶ高校生向けの教育ゲーム「CivilizationEDU」が登場する。もう退屈な教科書はいらない。これからは楽しみながら文明を学ぶことができるのだ。

「人気ゲーム「シヴィライゼーション」が高校生向けの教材に」の写真・リンク付きの記事はこちら

高校の歴史の授業に、古くさい、退屈な教科書はもういらない。地政学をヴィデオゲームで学べるようになるからだ。

人気シミュレーションシリーズ「シヴィライゼーション」に新しく登場する教育向けの「CivilizationEDU」なら、楽しみながら文明を学ぶことができる。

シヴィライゼーションシリーズを販売する米国のゲーム会社2K Gamesが、社会変革のためにデジタルゲームを役立てようとする団体・Games for Change(G4C)および、教育用のデジタルゲームを提供するGlassLab Games社と提携して開発を行う。

「歴史上の出来事を批判的に考え、経済とテクノロジーの影響を考察・評価することで、これまでに発展してきた経済、テクノロジー、政治、および軍事の関係を、学生が体系的に思考できるようにする」という。

RELATED

CivilizationEDUには、生徒の進捗のレポートを教師が簡単に閲覧できる機能があるほか、ゲーム内容のチュートリアル動画や授業計画作成ツールといった、「21世紀の教育に適した資料」も利用できるという。

シヴィライゼーションシリーズのゲームデザイナー、シド・マイヤーはこう話す。「シヴィライゼーションなら、楽しみながら、新しい文明を発見したり、有名な歴史上のリーダーに出会ったり、人類の歴史を自分なりに描いたりできます。そのなかで経験する成功と失敗から、貴重な教訓を学ぶことができるのです」