正しい経血量や期間とは?  知っておきたい「正常な生理」

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部


12〜13歳ごろに初めての生理を迎えてから、だいたい50歳で閉経を迎える生理。女を何十年とやっていれば、ほぼ毎月くる生理はお手の物…だと思っている女性も多いでしょう。とはいえ、なかなか他人と自分の生理を比べることはないもの。自分の生理が正常なのかわからない女性もいるのではないでしょうか。
ここでは、基本的な生理の知識についておさらいしていきましょう。

「正常な生理」の仕組みって?

どれくらいの生理周期なの?


生理の開始日を1日目として、次の生理が始まる前日までの期間を生理周期と言います。正常とされる生理周期は25〜38日です。理想的な生理周期は28日とされています。
生理周期はストレスによっても左右されやすいとされ、4〜5日早くきたり遅く来たりする程度なら問題はありません。生理周期の間隔が24日以内のものを「頻発月経」、39日以上のものを「稀発月経」と言います。

生理期間ってどれくらい?


正常な生理期間は3〜7日間です。年齢とともに経血量が少なくなり、生理期間が短くなる傾向があります。だいたい生理開始日から2〜3日目が経血量のピークとなり、4〜5日目から徐々に減っていき7日目に生理が終わるパターンが多いです。
生理が2日で終わる、あるいは10日以上も出血を続ける場合は異常です。

経血量ってどれくらい?


正常な経血量は20〜140mlです。これより少ないと「過少月経」、多いと「過多月経」になります。どちらも子宮筋腫などの病気が原因とされる器質性のものと、ストレスや環境の変化によるホルモンバランスの異常などによって起こる機能性のものとに分けられます。
過少月経の経血量は20ml以下で、おりもののような経血量です。一方で過多月経の場合は生理用ナプキンが1枚で1時間ももたずにモレたり、経血にレバー状のかたまりがまざったりすることがあります。

経血は何色?


経血量の5〜6割は血液でできており、残りには不要になった子宮内膜の細胞や粘液が含まれています。
正常な経血には多少の粘り気があり、暗い赤色をしています。とはいえ経血の色は生理の日数に応じて変化していきます。生理開始から3日めくらいまでは、明るめの赤色や暗赤色をしていることが多く、それ以降は茶色っぽい赤色に変わります。

生理痛の症状は?


正常な生理の場合、下腹部に痛みを感じますが、ほとんど症状を感じない人もいます。生理痛は、子宮内膜をはがれ落とすために子宮を収縮することで起こります。このときに出る血液が経血として排出されるのです。

生理中はプロスタグランジンというホルモンが分泌することで子宮を収縮させますが、プロスタグランジンが過剰に分泌されると子宮が激しく収縮するため生理痛がひどくなります。また、強いストレスを感じると女性ホルモンの分泌が乱れるため、身体が冷え子宮の機能が低下して生理痛を引き起こします。
そのため、体質によって生理痛の症状もさまざまなのです。


あなたの生理は大丈夫ですか?正しい生理の状態を知っておけば、いざというときに役立ちます。
心配な人は婦人科を受診しましょう。