連載/綿谷さちこのクレカの強化書

 世の中にポイントサービスは数多くあれど、『クロネコポイント』を知っている人はそう多くないのでは? そもそもこの名称自体、初めて聞いたという人も多いのではないだろうか。爛ロネコ瓩噺世Δらには、ヤマト運輸が提供しているポイントサービスであることはウスウスわかるはず。そう、『クロネコポイント』とは、ヤマト運輸の会員サービス「クロネコメンバーズ」のポイントなのだ。

018rensai-01

「クロネコメンバーズ」サイト。右上に現在のポイントが表示されている

 無料の会員登録を行なうことで加入できる「クロネコメンバーズ」。荷物が届いた時にメールで知らせてくれたり、Webサイトから集荷を依頼できたり、荷物の送り状を営業所で印字できたりと、便利なサービスが用意されている。この「クロネコメンバーズ」の新規登録で20ポイント。メールでの「宅急便e-お知らせシリーズ」の利用設定を行うことで10ポイント。そして通知サービスありの荷物を受け取った時にも、10ポイントの『クロネコポイント』が貯まる。

 「クロネコメンバーズ」で宅急便のお届け通知をメールで受け取っている人なら、知らず知らずのうちにポイントが貯まっているハズ。私もその一人で、ある日、Webサイトから集荷依頼をしようとクロネコメンバーズサイトにログインした時に、「このポイントはなんだ?」と、『クロネコポイント』の存在に気付いたというワケだ。

018rensai-02

宅急便が届くとポイントが貯まるので、意外とコンスタントに貯まる『クロネコポイント』

 『クロネコポイント』は50ポイントからチケットや家電の抽選に応募でき、150ポイントからネコ柄の軍手やヤマトの車のミニカーなどに交換できる。最初は250ポイントを貯めて、毎月5名が当たるルンバの抽選に応募してみた。しかしそう易々と当たるはずはなく、「こんなに簡単に貯まるポイントだから、そんなにいい思いできるわけないよね〜」と思っていた。

018rensai-03

ポイントで得られる商品の一部

 ネットショッピングした荷物が届いたり、メーカーさんから商品を借りたりと、頻繁に荷物を受け取っているので、少し月日が過ぎるとまた200ポイントが貯まる。ポイントの有効期限は約1年なのでムダにできないと、次は実利を兼ねて「宅急便コンパクト専用薄型BOX・箱タイプ(5枚セット)」を選んでみた。サイズは縦25cm×横20 cm×厚さ5 cm。大きさ的に使えるかどうか微妙だったが、「無料だからいいか!」と決めたのだが、この箱の大きさが実に便利で大活躍している。

DSC_2389

ポイントで獲得した「宅急便コンパクト専用薄型BOX・箱タイプ」は、これ自体が普通の宅急便のように届けられた

DSC_2393

中身はこんな感じ。宅急便コンパクト専用のBOX5枚と、送り状が5枚入っている

 例えば友人に頼まれたジャニーズ系タレントのタオルを送った時。ぴったりの大きさで、まるでプレゼントのように丁寧に箱入りにして送ることができた。そのほか文庫本を数冊や文具小物を数点、古いスマホを友達に貸すなど、ちょっとした小物を送るのに最適! 営業所で購入すると165円(税込)必要なので、実質325円のものがポイントでもらえるということ。しかも宅急便コンパクトだと、小さいだけに宅急便料金も少しお安く済む。

DSC_2396

箱だけに見た目のキッチリ感が良い。受け取った相手も印象が違うハズ

DSC_2397

このサイズ感が実に使いやすい。送られた相手が開けやすいつまみもあり、ピリピリ開けるとクロネコが散歩している姿が!

 使い勝手が良くバンバン使っていたら、あっという間に5枚がなくなってしまった。こうなると早くストックが欲しいので、ポイント集めに精を出す。これまではやっていなかったが、宅急便を送る時にも送り状番号を入力して申請し、1つの荷物に付き10ポイントを貯める。そうこうするうちにまた200ポイントが貯まり、再び「宅急便コンパクト専用薄型BOX・箱タイプ」を獲得!

018rensai-08

送った荷物は送り状番号を入力するとポイントに。申請は14日後までに行なうこと

018rensai-09

貯まったポイントを交換する申請も簡単!

 一度、使い始めるとなかなかに便利な「宅急便コンパクト専用薄型BOX・箱タイプ」。ぜひ『クロネコポイント』を貯めて使ってみて欲しい。ちなみにダイム編集部でもヤマト運輸を利用しているので、撮影用に借りた商品の返却で利用した、大量の送り状が荷物棚に積み上げられている。いつかはそれをガサッと手に取り、片っ端から送り状番号を入力してポイント化したい……。

■関連情報
http://www.kuronekoyamato.co.jp/campaign/point/index_off.html

文/綿谷禎子