加賀のものづくりが新たな挑戦。パステルカラーの和食器デビュー

写真拡大

先日、東京ビッグサイトで開催されたインテリアライフスタイル展で発見した、素敵な器を紹介します。

石川県加賀市の守田漆器が手がけるブランド「ぬりもの静寛(じょうかん)」の新作、「彩いろ(いろいろ)」。

石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_1

初代が塗師屋として明治42年に創業した守田漆器。

9,000年以上の歴史があると言われる「漆」を用いたものづくりを軸に、日本の文化を世界へ発信しています。

石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_2
石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_3
石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_4

どのプロダクトも、木の持つ温かみや自然な風合い、木目を生かしながら、現代的に色付けされています。

カラーは「うぐいす」「ひすい」「もも」の3色で、いずれもソフトな優しい雰囲気が魅力。

従来の和食器と異なる絶妙な色のチョイスが、食卓を少しモダンにします。

石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_5
石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_6
石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_7

お椀のほか、皿(大・小)、鉢、カップ、茶筒、六角箸とバリエーションも豊富です。素材は木で、ポリウレタン塗装を行っています。もちろん安心の日本製。

いずれも3色展開なので、一通りのテーブルコーディネイトが可能です。

シンプルでモダンな北欧の食器なんかとも相性が良いのでは?

石川県加賀市の守田漆器が手がける「ぬりもの静寛(じょうかん)」のかわいいパステルカラーの和食器である彩いろ_8

守田漆器では、伝統的な製品を手掛ける一方で、漆塗りを施したステンレスカップやiPhoneケース、木製のランプシェードなど、時代に合わせた製品開発も行っています。

伝統的な漆器から生まれた、新感覚の和食器「彩いろ」。シーンに応じて使い分ければ、食卓の楽しみが広がりますね。

守田漆器[ぬりもの静寛]