【ウソでしょ!?】記録的な熱波が襲った米アリゾナ州では「道路でステーキが焼ける! 」おまけにクッキーも…ってホントかな!?

写真拡大

アメリカ西部および南西部を襲っている、歴史的な熱波。

海外サイト「NBC News」の報道によれば、アリゾナ州フェニックスでは現地時間6月18日に、なんと気温およそ49度を記録! 連日観測史上最高気温を叩き出すという、異常事態となっています。

そんなアリゾナ州ですので、当然、アスファルトはアッツアツ。一体どれだけアツアツなのかというと、道路でステーキを焼けるくらい、アツアツらしいのですよ。

【ホントにステーキ焼いちゃってるよ】

そのことがよくわかるのが、「WhenInYourState」によってYouTubeに投稿されていた1本の動画。

道路の上にトレイを直置き、肉厚なステーキを3枚、順番に乗っけていきます。

トレイにお肉を乗せた瞬間、「ジューーー」と美味しそうな音が。間もなくしてひっくり返すと、こんがり、いい色合いに焼けております。ってか、肉焼けるの早すぎ! 熱波、おそるべし! 

【クッキーまで焼いてるし】

その後カメラは、そばに置いてある車のダッシュボードを映します。するとそこには、トレイに整然と並べられたクッキーが!……ま、まさかこれも、太陽の熱で焼いたってわけ……? 

【もしやフェイク!?】

でも、待てよ。よーく見るとクッキーは生焼けのようだし、肉のトレイは何かを焼いたような形跡がある……。

ひょっとするとお肉のトレイのほうは、撮影直前までコンロに乗せて熱しておいたやつだったりして!?

【とはいえ、かなり深刻な事態であることは間違いない!】

ホントか、ウソか。いろいろと疑問は残りますが、とにもかくにも、アリゾナが尋常じゃなく暑いということだけはよくわかる動画は必見です。

そんな事態にもかかわらず、のんきにステーキ焼いたりクッキー焼いたりして暑さを楽しんじゃってる様子を観ると、そのマインドにほっこり、ほんのちょこっとだけ安心。

それにしても6月の時点でこの気温とは……先が思いやられるわ。現地に暮らしているみなさんは、どうかお気をつけて!

参照元:YouTube、NBC News
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る