26日、台湾紙・自由時報は記事「中国が台湾とのすべての交流を停止?!『おめでとう台湾!』と日本ネットユーザー」を掲載した。台湾ネットユーザーも「日本の友人の祝福に感謝」と応じている。写真は台湾の龍山寺。

写真拡大

2016年6月26日、台湾紙・自由時報は記事「中国が台湾とのすべての交流を停止?!『おめでとう台湾!』と日本ネットユーザー」を掲載した。

中国国有通信社・新華社によると、中国国務院台湾事務弁公室の安峰山(アン・フォンシャン)報道官は、台湾新政府が“一つの中国”原則を確認した92コンセンサスを認めていないため、中台の交流メカニズムはすでに中止していると発言した。

この言葉に意外な反応を示したのが日本のネットユーザー。ネット掲示板には「おめでとう台湾!」「中国人観光客が減ったんなら、台湾旅行に行くチャンスだな」などと書き込まれた。台湾のネット掲示板でも「日本の友人の祝福に感謝」などと応じている。(翻訳・編集/増田聡太郎)