LINEの6.4.0アップデートで、ついにトーク履歴のバックアップiCloudでとることができるようになりました。
 
今回は、そんな新機能であるiCloudにトーク履歴のバックアップを取る方法について解説します。
 
最終更新:2017年9月21日20:30

機種変更後のトーク履歴の復元が簡単に

LINEを6.4.0にアップデートしてからLINEを起動すると、「トーク履歴をバックアップできるようになりました」という画面が表示されたのではないでしょうか。
 

 
ここで「バックアップする」を選ぶか、下記の手順でバックアップを作成しましょう。

トーク履歴のバックアップ方法

1
LINEのメニューバーの「その他」をタップ

 

2
右上の「歯車マーク」をタップ

 

3
「トーク・通話」をタップ

 

4
「トークのバックアップ」をタップ

 

5
「今すぐバックアップ」をタップ

アップロードが終わるまでしばらく待ちます

 

6
「バックアップ完了」と表示されたら、×を押して完了

 

 
従来の方法では、iCloudにiPhoneをまるごとバックアップしなければいけなかったため、時間もかかり容量も圧迫して大変でした。
 
しかし、今回のアップデートからはiCloudさえ使えれば、機種変更でアカウントを引き継ぐときにトーク履歴も一緒に引き継げるようになります。

機種変更時は忘れずにバックアップを

iCloudへのバックアップは手動なので、もしもの時に備えてこまめにバックアップをとっておく方が安心です。
 
ただし、iCloudへデータを送る際にモバイルデータ通信のままだと、余計な通信量がかかってしまう可能性があります。
 

 
心配であれば、このようにiCloudの設定で「モバイルデータ通信を使用」を「オフ」にしておきましょう。
 
 
(かえで)
 

外部サイト

「LINE」をもっと詳しく

  • 若者の言葉の使い方、LINEのやりとりで変化か 言語学者が驚き
  • 彼氏が喜ぶデート終わりの彼女からのLINEとは?
  • 一方的にLINE・メールを終わらせたいときのフレーズ9パターン