日本陸上競技選手権初日の6月24日。トラック種目最初の決勝だった女子1万mは、JP日本郵政Gの鈴木亜由子と関根花観にとって計算通りといえるレースになった。

 スタート直後に先頭に出て、集団を引っ張ったのは関根だった。もともと「ラストのキレはないタイプなので、前半から積極的に勝負するのが自分の持ち味」と話していた彼女は、五輪代表の座がかかったレースでも臆することはなかった。出場選手中17名が32分15秒00のリオデジャネイロ五輪参加標準記録を突破していて、このレースの結果次第で代表になるチャンスがある。その中で関根が5月にアメリカで出した31分48秒90は9番目の記録。日本陸連の派遣設定記録31分23秒17を突破する31分18秒16を出している鈴木以外の選手の間で、上位2名に入れば代表になれる可能性が高かった。

 最初の1周目を1分14秒で入った関根は、1000mを3分07秒で通過。31分10秒のペースだった。これを同僚の鈴木もサポートする。1000mを通過すると鈴木が前に出て関根を引っ張り、2000mからは関根が前に出るなど、2人で31分台前半を狙えるハイペースのレースを作り出した。

 関根は「ラスト1000mからはどっちが引っ張るということにはならないだろうと思っていたけれど、9000mまでは2人で力を合わせていければと話していた」と言う。一方、鈴木は「本当は自分がもっと引っ張る予定だったんですが、練習中に足の痛みも出て不安もあって......」と言うように、途中で走りのリズムが少し乱れる場面もあった。だがそこは関根がカバーし、2000mから4000mまでを引っ張り続ける気持ちの強さも見せた。

 5000mを通過すると、先頭集団は徐々に人数が絞られ、関根が5700mからペースアップ。それについたのは鈴木と31分37秒32を持つ高島由香(資生堂)のみで、その時点で3人が五輪代表にほぼ王手をかける展開になった。

 それでも鈴木と関根の挑む気持ちは衰えなかった。鈴木が6800mからペースを上げると、高島と関根とのマッチレースになってからも鈴木のペースが緩むことはなかった。逆に関根は「ラスト1000mになると私が不利になるから、その前に勝負しようと思って」と8000mから前に出る。レースは、関根が先頭で9000mを通過したが、9200mからは鈴木がロングスパートをかけて関根を突き放し、自己記録に迫る31分18秒73で優勝して五輪代表に内定。関根も派遣設定を突破する31分22秒92で2位になり、五輪代表を確実にした。

「ケガもなく安定した練習ができていて、今までで一番調子がいい状態でレースに臨めました。できればもう少し亜由子さんに近い位置でゴールしたかったんですが、あそこまで離されたのは今の実力かと思います。早い段階で仕掛けることができたと思うので、納得がいくレースができました」と関根は少し満足した表情を見せる。

 また、鈴木も「最初は思ったより体が動かなくて、花ちゃんがすごく動いていたので刺激をもらいながら走りました。タイムはまったく気にしていなかったんですが、終わってみたら後半が意外と落ちなかったんだと思いました。100回大会という節目の大会に加えて、地元の名古屋開催だったので、ここで負けたら本当に愛知県には帰って来れないな、という思いで走りました。これをスタートにしてしっかりやっていきたい」と笑顔を見せた。

 レース内容を見れば、後半を鈴木は15分34秒で走り、関根も15分38秒とわずかに前半を上回るタイムで走っている。無風で雨足も弱い好条件ではあったが、ほかの選手には一度も先頭を譲ることなく、2人で引っ張りあって出した意味のある記録だ。しかも鈴木は今回も、5000mで世界選手権代表を決めた昨年の日本選手権と同様に、スパイクではなくランニングシューズで走っていた。それを考えれば本番での30分台も十分あり得る走りだった。

 鈴木の場合は日本選手権3日目にも、派遣設定記録にあと1秒39まで迫る記録を持つ5000mでリオ代表を狙う。2種目での五輪挑戦は今後へ向けての大きなステップになるだけに、その第一段階をすんなりクリアできたのは大きい。

 一方、男子100m準決勝の前に行なわれた男子1万m決勝では、関根の中学の先輩でもある大迫傑(すぐる/ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が、派遣設定を突破している村山紘太(旭化成)や積極的に仕掛ける設楽悠太(Honda)との争いの中で冷静な走りで優勝した。

 ここ数年は苦戦していた男女トラック長距離だが、この日本選手権の結果で1万mの五輪入賞の可能性が大きく膨らんできた。

折山淑美●取材・文 text by Oriya Toshimi