「人を殺す夢」「殺される夢」から見える、自分の深層心理

写真拡大

 

たまにショッキングな夢や怖い夢を見て、思わず飛び起きてしまったことはありませんか? そんな夢の代表格とも言える「人を殺す夢」と「殺される夢」。見たことが無い方も、「今日こんな夢見ちゃって…」と、友だちなどから話を聞いた経験があるかもしれません。よく悪夢はそれほど悪い意味ではないと耳にしますが、果たして…? 気になる真相を占い師のマリィ・プリマヴェラさんに聞きました。

人を殺す夢は、わずらわしい物事との決別を意味する

 

マリィ・プリマヴェラさん(以下マリィさん)によると、まず「人を殺す夢」は事態の好転や、わずらわしいものからの決別を意味しているといいます。「自分にとって都合の悪いものを消してしまいたい」「現状をリセットしたい」との強い願望が、人を殺す夢となって現れるのだそう。

 

「誰かを殺す夢を見たときは、往々にして強いストレスを感じている可能性が高いです。夢の中で誰かを殺すことによって、そうしたストレスを解消しているのです」(マリィさん)

 

ただ、必ずしもネガティブな意味だけではないそう。

 

「自らの手で『ストレス解消』を実行に移しているので、抱えているトラブルを解決する気力が十分に備わっているという証とも受け取れます」(マリィさん)

 

では、「誰を殺したか」に重要な意味はあるのでしょうか? それが親しい人だった場合、罪悪感に駆られてしまうこともありますが…。

「誰を殺したか」によって、何に悩み、どう乗り越えるのかがわかる

 

マリィさんによると、夢の中で誰を殺したのかによって、何に対してストレスを感じていて、また、それをどのように解消できるかがわかるとのこと。

 

●「親を殺す夢」を見た場合
親の干渉から逃れたい、自立したいと望んでいる証です。その夢を見た時が、親元を離れ、一人の大人として巣立っていく適切なタイミングなのかも。

 

●恋人を殺す夢を見た場合
互いの関係性・距離感などを見詰め直す時期であることを示唆しています。要因は人それぞれですが、現状、何かしらの不満を抱えている可能性が。一度、互いの関係性について二人でじっくり話し合う必要があるかもしれません。

 

●上司を殺す夢を見た場合
仕事で高く評価され、何かしらの成果が上がる暗示として受け取りましょう。これまでの努力が報われることを意味する吉夢です。

「誰かに殺される夢」は、誰かに助けられる暗示

 

では、「誰かに殺される夢」はどうでしょう?

 

「自分が誰かを殺す夢が、自分の力で現状を好転させる暗示だったのに対して、『自分や身近な人が第三者に殺される夢』は、他者の力によって幸運がもたらされる暗示となります」(マリィさん)

 

また、殺す夢と同様、誰が殺されたのかによってその夢が持つ意味は異なるとのこと。

 

●自分が殺される夢
頼もしいパートナーが出現し、問題が解決する暗示です。また、殺されるときに多くの血を目にしたのであれば、金運アップも期待できます。殺された人が自分ではなく見知らぬ人であった場合も、暗示している内容は同じです。

 

●恋人が殺される夢
意外かもしれませんが、愛情がさらに深まる暗示です。喧嘩中のカップルであれば、仲直りする絶好のチャンス。

 

「誰かを殺す夢」や「誰かに殺される夢」を見た人は、『なぜこんな夢を見てしまったんだろう』と、不安や自己嫌悪に陥ることもあるかもしれません。しかし、夢占いにおいて、“死”は古い自分を葬り去り、新しく生まれ変わることの象徴だといいます。自分が何に悩んでいて、それと今どう向き合おうとしているのか…。悪夢を見てしまったら少し立ち止まって、自分でも気づいていなかった自分の心に意識を向けてみるといいかもしれませんね。

 

監修:占い師 マリィ・プリマヴェラ

 

●この夢ってどんな意味? 「空を飛ぶ夢」から読み取るメッセージ
●夢をコントロールできる!? 眠るのが楽しみになる明晰夢トレーニングの方法

photo:Thinkstock / Getty Images