息子の絵を母がパンに!母子共作の「イラストぱん」が愛情あふれすぎて眩しい

写真拡大

切っても切っても同じ柄が出現するとっても可愛い「イラストぱん」が話題になっています。

【関連:パンの耳でつくる「ぐるぐるフレンチトースト」 簡単豪華でカフェタイムが華やぎそう】

お花の絵が

お花の絵が


母の手によりお花パンに

母の手によりお花パンに


ハチの絵が

ハチの絵が


切っても切ってもハチが出てくるパンに

切っても切ってもハチが出てくるパンに

このあまりに可愛い「イラストぱん」を製作したのはパン教室「konelこーねる」(東京都)を主催しているRANさん。息子さんが描いた絵などを金太郎飴のようなパンにして焼き上げています。絵柄に使用している色素は天然のもので、お子さんが食べても安心な体に優しいパンだそうですよ。

中でもRANさんのオススメは薔薇、柄シリーズの迷彩柄、ひょう柄、ゼブラ柄、フルーツのレモンだそうです。どれも他にはない可愛さとどうやってつくっているのか分からない不思議に、手に取った人たちは目を輝かせて「何コレ〜〜!?」「可愛い〜〜!」と驚きとトキメキに包まれちゃうそうです!
もちろん柄が可愛いだけでなく味もとっても美味しいそうで、ますます気になってしまいますよね。

RANさんおすすめの薔薇

RANさんおすすめの薔薇


レモンパン

現在パン教室はお休み中で秋頃に再開予定だそうです。再開したらこの“イラストぱん”も習えちゃうそうなので、気になる人はぜひぜひRANさんのInstagram(@konel_bread)をチェックしてみてくださいね!

※本稿は投稿者の許可を得て執筆・掲載しています。

(文:大路実歩子)