写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インターネットイニシアティブ(IIJ)は6月27日、福岡県に「福岡空港データセンター」を開設し、2016年7月1日より運用を開始すると発表した。同データセンターは、同社の国内21カ所目のデータセンターとなる。

同データセンターは福岡空港から徒歩圏内にあり、空路を利用した交通の便が良いことに加え、博多駅まで地下鉄で5分程度となっている。

1ラック当たりの電源容量が標準で実効6kVAまで対応しているため、従来のデータセンターの約2倍の密度で機器を実装できるほか、1ラック、2分割ラック、4分割ラック、8分割ラックと、ニーズに合わせて最適なハウジングスペースを選択できる。

また、日本データセンター協会が策定したファシリティ評価基準の最高位であるティア4に適合しているとともに、金融情報システムセンター(FISC)が提示する安全対策基準にも準拠している。

同データセンターでは、専用線接続サービス「インターネット接続サービス」に加え、IIJのクラウドサービス「IIJ GIOサービス」やバックボーン上に顧客専用のプライベートネットワークを構築する「IIJ GIOプライベートバックボーンサービス」を提供する。

同データセンター内から、ゲートウェイサービス「IIJプライベートアクセスサービス」を利用することで、専用の閉域ネットワーク上でセキュアなクラウド環境を構築することが可能となっている。