31銘柄のお米を最適な条件で精米する

写真拡大

生活用品のアイリスオーヤマは、「お米家電」の第2弾として、家庭用精米機として初めて、銘柄別の精米機能を搭載した家庭用精米機「銘柄純白づき精米機」を、2016年6月30日に発売する。

銘柄による米粒の大きさや固さの違いにあわせて、31銘柄のお米を最適な条件で精米する。

かくはん式と呼ばれる内側のかごの中で、羽根が回転して米粒どうしが擦れることによりぬか層(玄米の表面を覆う薄茶色の層。食物繊維や糖質、タンパク質、ミネラルなどの栄養分を多く含む)や胚芽を取り除く仕組みを採用。かくはん式の精米機は精米の際の温度上昇が少なく、お米の品質の劣化を抑えられる反面、羽根の回転によってお米に遠心力がかかり、お米が砕けやすく食感が悪くなってしまうという欠点があったが、「銘柄純白づき精米機」は突起が付いた独自の精米かごを搭載。精米時のお米の浮き上がりを抑えることで欠点を解消するとともに、お米同士の接触頻度を高めて効率的にぬか層を取り除くことができる。

そのため、通常の精米ではぬか層と一緒に取り除かれてしまう旨みの元となる酵素を多く含んだ「亜湖粉層」(ぬか層の内側にある層)を残して精米すること(純白米コース使用時)ができ、一般に販売されている精白米と同じ食感でありながら、より栄養価の高いお米に精米することができる。

精米度合いを3分つき、5分つき、7分つき、純白米から選ぶことができるため、好みにあわせて、より多くの栄養素を含んだ「分つき米」に精米することができる。

参考価格は、1万5800円(税別)。