『口下手な人は知らない話し方の極意 認知科学で「話術」を磨く』(著・野村亮太、821円、集英社)

写真拡大

6月27日は「演説の日」。明治7年(1874年)に福沢諭吉が慶応義塾の三田演説会で日本初の演説会をした日だ。ちょうどいま、参院選がたけなわで全国各地で演説が繰り広げられている。政治家の演説は当落に左右されるが、政治家でない人たちもスピーチをしないで済ますことはできないだろう。仕事もあれば付き合いもある。口下手で損しないように話し方や会話力を磨くための3冊を紹介する。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

性格やハートに影響されない話し方

レポートはスラスラ書けるのに、口で伝えるのはどうしてうまくいかないのか。大勢の前でのスピーチや上司へのプレゼンは苦手という人が多い。

『口下手な人は知らない話し方の極意 認知科学で「話術」を磨く』(著・野村亮太、821円、集英社)は、口下手について科学的に考える。人間の意識や思考のしくみを研究する認知科学によって、話し方のメカニズムが分ってきた。性格やハートの強さに影響されず誰もが合理的な話術を実践できるようになった。その極意を伝えようというわけだ。

認知科学は難しいが、著者の野村亮太氏は落語の分析で話し方のメカニズムを解明する研究者。目次には「話術と認知科学」「顧客(聞き手)の反応を感じ取る」「舞台に立つ前に作る話の構造」「間と場の定義と実証的研究」など興味深いテーマが並んでいる。

すぐマネできて、すぐ使えて、盛り上がる

仕事先、会議、飲み会、パーティ―。そんなとき、何か一言求められる。シドロモドロになると場が白けてしまう。ちょっとした気の利いた一言を返したらどんなにステキだろう。

『「すごい! 」と思う人の最高の会話力』(著・吉川スミス、1404円、大和書房)は放送作家の著者、吉川スミスさんが教える「必ず盛り上がる話し方」の1冊だ。タレントの春香クリスティーンさんは「テレビ業界に棲息する"隠れ人見知り"が放つ、究極のコミュニケーション術! 私、買います!」と推薦。お笑い芸人のロバート秋山さんも「明日大変そうなうち合わせがあるので、まず2個ぐらいやってみます」

内容は「初対面で『何話せばいいの?』対策」「デキる人と思っている人でもよくまちがえる『この話し方』」「『この人いいな』と思う人がしている『「雑談』の極意」「プレゼンや会議で思わず『YES』と言ってしまう話術」など。すぐマネできて、すぐ使えるものばかり。

超一流の「勝者が使う言葉」とは

勝利と成功はどう違うのか。勝利は単なる成功より、もっと非凡なものだ――。『勝つ人はなぜ、「この言葉」を使うのか?』(著・フランク・I・ランツ、訳・高橋由紀子、2052円、サンマーク出版)は、そのように問いかけ、「勝つ人になるための9つの法則」を明らかにする。

著者のランツ氏はフォーチュン500企業のフェデックス、GM、ペプシ、サムスンなど数々の企業にコンサルティングを行い、「現在アメリカで最も尊敬されるコミュニケーションのプロの1人」といわれる。「勝つ人」とはどんな人なのか。「人間中心に考える」「パラダイムを壊す」「優先順位をつける」「パートナーシップを大事にする」「粘り強さがある」「理念に基づいた行動をする」など、それぞれ詳述する。

9つの法則に加え、「勝者が使う言葉」について、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏やフェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグ氏らの言葉も紹介している。